ワーキングホリデーの記録

北海道 苫小牧出身の首藤 有貴(しゅどう ゆうき)です。海外で実際に働き生活したからこそわかるであろう、より深い文化を知りたく、短大2年目後期を休学しオーストラリアへワーホリビザにて渡航しました。短大卒業後も、セカンドワーホリビザでまたオーストラリアへ。2019-2020はニュージーランドで働いていました。カナダ:トロントでのワーホリ生活ブログをのんびり書いています。IG @yukishudo

4日間で見つけた私の家探し

f:id:yuki-shudo-8:20220530052432j:image

 

私は家探しのプロなのでは!?

オーストラリア、ニュージーランドでも何故かすぐに良い家が見つかってます笑

ルールを破って追い出されたことはあるけれど…笑

これから1年間住むおうち。

妥協ももちろんしない、負けたくない!

そんな私の海外での家探しの仕方を紹介していきます。

 

家探しで使うサイト

 

知り合いがいない以上、サイトを使うしかありません。家探しで有名なサイトは、

 

【日本人向けサイトのe-maple

http://www.e-maple.net

こちらもとことん見ましたが今の時期は留学生が多いのか、受け入れ先が少ないのか、数件しか見つからず…数ヶ月のみなどの条件付きが多い印象。

 

【みんな向けのKijiji

https://www.kijiji.ca/h-gta-greater-toronto-area/1700272

件数は多いものの電話番号のテキストを通してのやり取りなのでリプライは遅め…。

 

【1番おすすめのFacebook

こちらはコミュニティがたくさんあるので、

"Toronto rent room" などで検索。

Kijijiよりも件数が多め。Facebookを通してのやりとりになるのでリプライも早い。

 

家探しの流れ

 

私はKIJIJIとFacebookでひたすらシェアハウスをみて、少しでもいいなと思ったら連絡。

返信が返ってくる確率は3回に1回くらいなので、少しでも良いなと思うのは連絡するのをオススメ!

 

連絡するときは、

"Hello, I'm Yuki and from Japan. 
I will be here for a year with Work permit visa and am looking for an available room for a year. 
And I'm interested in your room. 
Is this still available? 

Id like to have a viewing.

Thank you! " 

という感じで大丈夫です。

 

返信が来たら日程を決めて、いざ見学へ!

 

家の見学で見るべきポイント

 

▶︎ 洗濯機

▶︎  クーラー、ヒーター

▶︎ Wi-Fi環境(実際にその場で接続してみる)

▶︎ シェアメイトは何人なのか

▶︎ 部屋に鍵はついているか

▶︎ バスルーム

▶︎ キッチン

▶︎ 光熱費はレントに込みなのか

▶︎ デポジットはいくらか

▶︎ いつから入居できるのか

▶︎ オーナーは家に住んでるのか

 

こんな感じです。

私の経験上、オーナーがそのシェアハウスに住んでいないことをおすすめします。

その方が自由度が高い!

友達も部屋に招待できやすい!

 

私は1度、ニュージーランドで友達を部屋に呼んで契約違反にあたりました…

 

最後に...

 

f:id:yuki-shudo-8:20220530054547j:image

 

私は4件の部屋を見てその中から決めました!

レントは光熱費込みで1ヶ月$820…

高い、高すぎる。

トロントはこの2年でレントが高騰しているらしく、家を探してても$1000を切る部屋を見つけることすら大変でした。

私は運良くダウンタウンで見つけられたので良かったものの、探している限り、ダウンタウンも郊外も値段がだいたい同じなので、仕事探しのことを考えるとダウンタウンの方がいいかなと思いその家にしました。

本当は静かな郊外に住みたいのですが…

まぁ車がない分、どこに行くにも便利なので来月の引っ越しが楽しみです!

 

 

Instagram

 フォローしてねん @yukishudo