ワーキングホリデーの記録

北海道 苫小牧出身の首藤 有貴(しゅどう ゆうき)です。海外で実際に働き生活したからこそわかるであろう、より深い文化を知りたく、短大2年目後期を休学しオーストラリアへワーホリビザにて渡航しました。短大卒業後も、セカンドワーホリビザでまたオーストラリアへ。今はニュージーランド首都ウェリントンのカフェでバリスタとして働いています。 IG @yukishudo

次なるアドベンチャー

f:id:yuki-shudo-8:20200226235654j:image

 

帰国して1週間が経ちました、ニュージーランドで生活していた日々が夢だったのではないかというくらいなんだか昔に感じます。

 

次なる国


※申請できるようになりました!

しかしながら、英語の国でさえ仕事をクビになる人たちが続々と出てきているので、経済的にも考えて今年のワーホリは断念しようと考えています。

 

去年からなんとワーホリでも、

スウェーデンに行けるようになりました!🇸🇪

ビザの詳細がそろそろ発表されるはずなのですが、コロナのせいでしょうか?

まだみたいです。

ですが近隣国のデンマークと同じ条件であろうとのことです。

 

何故スウェーデン?

 

私はオーストラリア、ニュージーランドと英語圏を約3年間に渡りワーホリで生活してきました。

 

カナダへ行こうか迷っていたのですが、少しまた違った経験、働き方、彼らの生活スタイルを知りたい、と言う思いから、スウェーデンへ行くことを決めました。

 

オーストラリアやニュージーランドより何倍も仕事探しや部屋探しが難しいものとなるとおもいますが、

(なにせ私は留学エージェントも使わず、自分で調べつくし現地の友人に情報収集し旅立つところもワーホリの一部だと考えている頑固者なので。そして留学エージェントは高すぎます。それも一つの理由です(笑))

 

とことん楽しみながらも頑張りたいと思います。

 

スウェーデンは、実は、

第二言語として英語を話してる国 No. 1!

若者もお年寄りもみなさん普通に英語を話せます。

英語環境でありながら、かつ、スウェーデン語も学べるということで最高です。

 

私は元彼がスウェーデン人だったのですが、毎日のようにスウェーデンの話を聞いていたので、いつも行きたいなぁ〜と憧れの国でした。

 

また、スウェーデンには、Fika(フィーカ)といって、コーヒーと一緒に菓子を楽しむ根強い文化が残っています。このコーヒーブレイク、スウェーデン人は1日に何度もする習慣があって、コーヒーの消費量も日本の2倍!

なので、バリスタとして、またカフェで働ければなぁとも思います。

 

また、スウェーデンは科学の最先端の国。

色んなことに触れるのが待ちきれません。

 

ではまた!

 

Instagram

 良かったらこちらも → @yukishudo