ワーキングホリデーの記録

北海道 苫小牧出身の首藤 有貴(しゅどう ゆうき)です。旅行だけでは、あまりわからない、現地で働き生活したからこそわかる、より深い文化を知りたく、短大を2年目後期で休学しオーストラリアへワーキングホリデービザで渡航しました。短大卒業後も、セカンドワーキングホリデービザでメルボルンへ。今は4月よりニュージーランドのウェリントンにいます。

CV レジュメ 作り直したので参考に!それと携帯契約

f:id:yuki-shudo-8:20190611114119j:image

 

CVとは

 

ニュージーランドでは、レジュメ(履歴書)のことをCVと言います。オーストラリアではレジュメでしたので、こんなところに違いが!ついでにHもヘイチではなく、普通にエイチと発音します。オーストラリアとニュージーランド、隣同士とはいえ、言葉がちょいちょい違って面白いです。

以前の記事でもお伝えしたように履歴書は、パソコンでWordを利用し、自分で作ります。デザイン、写真を載せるか載せないか等、全てが自由です。パッと見てわかりやすく、自己主張の強いものを作るのがウェスタンの文化で仕事をゲットするためのポイントだと思います。

私は、Freepik.com というサイトを参考に、そこからアイデアを得、作り上げました。Wordに慣れている方ならもっとレベルの高いものが作れるのではないかと思います。私もパソコンは苦手ではないですが、Wordは完璧には使いこなせません 😂 英語文は友達に手直ししてもらったので、おそらく間違っていないと思います。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190707194715j:image

 

また、あまりカラフルにしない方が良いかと思います。履歴書を印刷する際、図書館だとオークランドは白黒で1枚10セント(7円)、カラーだと1$(75円)かかるので、節約したい方は断然白黒をお勧めします!日本で前もって印刷できればカラーでも印刷でき、もっと安く済むのですが、現地に着くまで大体の方は、電話番号も住所も決まっていないと思うので、印刷はできないですね…悲しいです 💔 私はもうオーストラリアでもメルボルンでも30枚以上は印刷し街中に配り歩きました。面接をゲットするのさえ難しいので、レジュメ、CVはもってもって盛りまくりましょう。英語力や面接練習は、面接をゲットしてから考えればいいのです!

 

携帯契約

 

携帯なのですが、ニュージーランドでは、2degrees をおすすめします!

Vodafoneは、ワーキングホリデービザだと年数が足りなく契約できませんでした。2degreesはいろいろプランがあり、安いと思いますし、ワーキングホリデービザでも契約できます。20分くらいでチャチャッと契約できました。私は一つ上のプランで月55$なので、日本円で4,000円弱です。これでかなりの容量使えますのでおすすめです。また、1日1回、データフリーサービスがあり、1日1時間、無料アプリをとって設定するとデータ使い放題になります。かなりお得!

これです↓

f:id:yuki-shudo-8:20190611130305j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190611130308j:image

 

セルフネイル🤤❤️

f:id:yuki-shudo-8:20190611115231j:image

ではまた

 

Instagram

Follow me → @yukishudo