ワーキングホリデーの記録

北海道 苫小牧出身の首藤 有貴(しゅどう ゆうき)です。旅行だけでは、あまりわからない、現地で働き生活したからこそわかる、より深い文化を知りたく、短大を2年目後期で休学しオーストラリアへワーキングホリデービザで渡航しました。短大卒業後も、セカンドワーキングホリデービザでメルボルンへ。今は4月よりニュージーランドのウェリントンにいます。

無事にワーホリビザGET!🇳🇿

f:id:yuki-shudo-8:20190328133832j:image

ビザ

2週間前くらいですが、無事にワーキングホリデーのビザを取得しました!札幌の指定病院で診察を受け、そちらの院長がニュージーランド の移民局に結果を送ってくださり、その後、移民局よりメールが届きます。

f:id:yuki-shudo-8:20190328134405j:image

↑こんな感じのメールです。

そのメールにワーキングホリデービザのPDFがありますので、それを印刷すれば全ての準備完了です。(A4で3枚) 私は一応、3部印刷しました。何かあった時の為に実家に置いておく用のものと、飛行機の機内手荷物用と、受託手荷物のスーツケースに入れておく用です。

それと、日本のパスポートが世界1位になり、(例えばオーストラリアだと軽いお酒一杯までなら、運転OKなど) パスポートの持ち歩きは危険な気がするので、軽い身分証明をする時の為にも、後は免許証の更新と国際免許証の取得をすれば、全ての準備が完了する予定です。

 

初めて行く国なので不安も沢山ありますが、楽しみも同じくらいあります。私が1番大切にしていること、

 

“ 旅行だけではわからない、現地で実際に生活し、働いたこそわかるその国の文化、その国の人々の生き方、生活の仕方、働き方。 “ 

 

それらを知り、感じる為にも1日1日を噛み締めて、1年間過ごしてきます。今回のニュージーランドでのワーホリ生活では、毎日の勢いでブログを更新していきたいと思いますので、海外生活やワーキングホリデー、留学に興味のある方はどうぞご覧ください!

 

 

Instagram

Follow me → @yukishudo