ワーキングホリデーの記録

北海道 苫小牧出身の首藤 有貴(しゅどう ゆうき)です。海外で実際に働き生活したからこそわかるであろう、より深い文化を知りたく、短大2年目後期を休学しオーストラリアへワーホリビザにて渡航しました。短大卒業後も、セカンドワーホリビザでまたオーストラリアへ。今はニュージーランド首都ウェリントンのカフェでバリスタとして働いています。 IG @yukishudo

三種の神器 Airbnb / Uber / Uber Eats

f:id:yuki-shudo-8:20190613121233j:image

 

Airbnb

 

海外へ旅行へ行ったりする機会が多い方はご存知かと思いますが、ホテルよりも安く泊まれたり、現地の一軒家に住むことができたりと、ホテルに泊まるよりも素敵な経験ができるであろうAirbnb でも、安いから!と写真だけ信じているとフォトショップでかなり加工された写真であったりと痛い目を見るので普通の値段で安すぎずそして評価が完璧なところを選ぶのが良いかと思います。Airbnbの嫌なところって、オーナー側が底評価のコメントを載せないことができるんですね…なので、底評価でも底評価のコメントが読めない!なんてことも。

Airbnbで完璧星5は当たり前なので、星5のところに泊まるのをおすすめします!またAirbnbはアメニティもきちんと付いており、その辺はホテルと同じサービスを受けれます。また料金計算が人数ではなく、一軒あたり、一部屋あたり なので、1人よりも2人の方が安く泊まれます。海外の部屋は大抵日本よりもかなり大きいので2人でもかなりの広さです!

Airbnbはオーナーや家の評価だけでなく、借りる側も評価されます。悪い評価が自分に沢山ついてしまうと、家を借りづらくなるかと思いますが最低限のマナーを守り宿泊すれば悪い評価がつくことは中々無いと思います。

 

↓私の評価は今のところこんな感じです。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190606100749j:image

 

Airbnbにも色々種類があって…

 

一軒家まるごと

 

たいていどこもクイーンベッドなので2人で借りて割り勘すれば1人当たり一泊5,000円以下は当たり前。安い!

 

ルームシェア

 

部屋だけプライベートな感じで、それ以外のキッチン、バスルーム等はオーナーとシェアする感じ。最近ではAirbnbがビジネスになっていますのでルームシェアだけで成り立っている家もあります。オーナーは家には住んでおらずセルフチェックインが基本です。ルームシェアなだけあって一部屋あたり5,000円くらいなので、2人で割れば2,500円程!旅行なら前者をお勧めしますが、ワーホリなどの長期的な滞在で少しだけどこか泊まる場所が必要!などであれば断然ルームシェアをお勧めします。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190606094040j:image

 

↑リビングスペースの奥にウッドデッキがありそこのソファでくつろぐのは最高でした。Airbnbはどこも、かなりお洒落で毎回ワクワクします!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190606001005j:image

 

↑オークランドでのルームシェア

 

Uber

 

最近は日本でもよく聞くようになってきたUber。 私が行った限りではオーストラリア、ニュージーランドでは2016年頃から当たり前で基本みんなタクシーではなくUberで移動します。アプリを取ってそこに口座を登録するとそこからお金が自動的にひかれ、今乗りたいところからすぐ乗れるのでかなり便利です。クラブの帰りなど、交通機関がないときは、Uberですね!タクシーよりも料金が安いのがポイントです!Uberの運転手さんとの会話もなかなか楽しいですし、長く住んでる現地の方との会話では得るものも沢山あります!ですが最近は色んな人がUberで働くようになったので流行りだした当初よりはそっけない方が増えた気がしますが…

 

Uber Eats

 

Uberのデリバリー版ですね!食べたいものをアプリから選ぶと家まで届けてくれるサービスです。最高!Uber Eatsはもうみんな使ってますね!Uber Eatsで働く側は車に限らず、自転車やバイクなどでデリバリーできます。Uber Eatsとして海外で働くのも楽しそうですがかなりの体力が求められそうです。実際に、働いてる人はほとんど男性です。

フラットメイトも今日は疲れたからといって、ピザやマックをオーダーしてます。私もたまにします…しかしながら、デリバリー費として4〜5$かかるので、頑張って自分で買いに行った方が断然安いですね!結構夜中でバスもない車もない、でもお腹が減った!そんなときは、Uber Eatsの出番ですが 😂

 

f:id:yuki-shudo-8:20190606002559j:image

 

↑メニュー一覧 家の近くだいたい車で30〜40分以内のところがおススメでズラーッとでてきます。どれも美味しそうなので毎回迷います 🤤

 

f:id:yuki-shudo-8:20190606002242j:image

 

↑こんな感じで届きます!

オークランド初日、夜中の2時頃に空港から家に着いたのでマックオーダーしました🍔🍟全世界ハズレのない食べ物それは、マクドナルド!困ったときはマクドナルド!

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

大地のシンフォニー

f:id:yuki-shudo-8:20190516211508j:image

可愛い壁を見つけました!

 

ニュージーはコーヒー文化の差がとても激しい気が...

 

完璧な美味しいラテアートつきのコーヒーが飲めるカフェもあれば、え?これでいいの?というカフェもたくさんあります。バリスタの仕事は見つけづらく、良いカフェには良いバリスタがもうすでにいますし、微妙なところは個人で経営してるところが多く雇っていません。私が1番びっくりしたのが、ミルクを使いまわしてることです。エスプレッソマシーンでラテなどのコーヒーを作る方ならわかると思いますが、たまに牛乳が微妙に残る時があります。それを忙しいお店は使いまわします。私はメルボルンのバリスタコースでそれだけは1番やってはいけないと習ったのでびっくりしました。基本残ったミルクは流し、軽く洗い、次のミルクを作るのが基本です。なんだかそこはちょっとがっかりです。明日一気にオークランドのバリスタ100人くらい辞めないかなぁ〜〜〜 (笑)

 

f:id:yuki-shudo-8:20190516213623j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190516213627j:image

 

素晴らしいリップを見つけた

 

ニベアの赤リップなのですが、ハウスメイトの女の子がコンビニで見つけてくれて、今まで使ってきたリップの中で1番だと私は思ってて、赤色なんですけど、赤すぎず、自然な赤色を出してくれるというか… 

 

f:id:yuki-shudo-8:20190516212651j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190516212647j:image

 

↑しかも500円くらいだったので、かなりオススメです!

 

クラブ

 

大好きなハウスメイトの女の子と昨日クラブへ行ったのですが最高に楽しかったです。シティーの中心にあるクラブで bar 101 ってところなのですが、毎週水曜日は入場料無料でドリンクも安いです。クラブが好き!というと、チャラって思われがちですが、クラブは、音楽を楽しむ場所、踊るのを楽しむ場所、お酒を楽しむ場所なので、チャラっていう認識、改善していただきたいこの頃です。カッコつけずに自由気ままに、踊ること、そして踊ってる人を見るのも、どちらも幸せな気分になります。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190516213321j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190516213317j:image

 

 

友達がステキなスポットに連れて行ってくれたのですが、港が大好きな私にとっては衝撃的な美しさでした。夏になったら、ベンチでアイスコーヒーでも飲みながらボーッと海や船を眺めたいです。(今はまだ秋…冬ですらない) オークランドの天気は1日に「秋の空のは女模様」よりも頻繁に天気が変わるので、虹は見放題です🌈

f:id:yuki-shudo-8:20190516213721j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190516213726j:image

↑虹あり

 

今日ハウスメイトの女の子に、「ネットでの仕事探しもしてみたら? indeed 見てみた?」と聞かれて、え!indeedって日本のやつじゃなかったんだぁと衝撃を受けました。セブンイレブンやキットカットなど色んなものを日本発だと思ってしまう癖、やめたいです。

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

1ヶ月経ち、慣れてきたNZでの日々

f:id:yuki-shudo-8:20190514035726j:image

まず、こちらでは、ニュージーランド人のことを、ニュージーランダーと言う人も極少数でいますがほとんどのみなさんが、キーウィ(Kiwi)と言います🥝 何故だかはまだわかりません。今度友人に聞きます。キーウィはみんな本当に優しくて、着飾ってなくて、のんびりしてて、そして進んで人助けをします。バスの中で、おばさんの荷物が倒れた時、私が行かねば!と思って動き出そうとした瞬間、私の後部座席に座っていた彼はもう彼女のバッグを持ち上げていました。こういうところです。素敵すぎます。しかもこうゆう時は素早い!

 

アルバートパーク

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514040218j:image

 

ここは、最高に美しい公園です。花が丁寧に植えられ、真ん中には噴水があり、ベンチの上であろうが芝生の上であろうがみなさん思い思いの時間をゴロゴロしながら過ごしています。素敵ですよね〜 アルバート公園を見守るかのように建てられた大きなおじさんの銅像があったのですが、写真を撮り忘れたので次回にでも撮ってきます。晴れの日はコーヒーをテイクアウェイして、ここで一杯ラテを飲んだらもう至福の時間になること間違いなしです!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514040535j:image

f:id:yuki-shudo-8:20190514040540j:image

 

↑スカイタワー結構な確率でどこからでも見えるうえ、街の中心にあるので迷ったらスカイタワーを追え!です。また、スカイタワーは、東京のスカイツリーのデザインの一部にもなったという情報を友人から得ました。高さではかなり負けてますが、美しさでは負けてません!

 

バスの中

 

バスの中では、飲食も携帯電話も着信音も違反ではありません。なので常に誰かの携帯がなりますし、常に誰かが友達や会社の人と電話しています。日本のように冷たい視線は彼らには注がれません。私の好きなことの1つです。なぜなら、時々、日本でも人々の会話は電話音を遥かに超えてうるさいです。優先席では電波を発信しない状態にするなどありますが、優先席に座りながら携帯をいじってる人は沢山います。いっそのこと電話もOKにすればいいのに!と私は思います。公共の場って難しいですね。

 

ゴミ箱がディズニー級でどこにでもある

 

ディズニーレベルもしくはそれを超えたレベルで、ゴミ箱がどこにでもあります。これはメルボルンも同じでした。だからこそだと思いますが、街中はとても綺麗です。私は苫小牧育ちですが、札幌に1年住んだときは酔っ払ったサラリーマンたちが街中で平気でゴミを捨てたりしているのを見て悲しくなりました。海外の方ははいいます。「日本は20時になると法律がなくなる」まさにそれを体感した気分でした。大阪の夜は札幌の3倍くらい汚くて見えいられませんでした。日本もゴミ箱増やせば良いのに!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514041629j:image

 

水と調和した完璧な広場

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514041633j:image

 

ここの広場の名前は忘れましたがおそらく何とかスクエアですかね。とにかくここは、色んな高さの階段や噴水、階段を渡る水があり、とても癒されます。私は泳げませんが、海を見たり、川を見たり、こういった水の流れを永遠に見るのが大好きです。秋とはいえ、昼間は20度くらいなので、昼にここの階段の好きなところに座って友人と語り合う時間は最高です。夜に座ってのんびりするのもおススメです。周りには美味しい韓国料理屋さんがたくさんあります。

 

ぜんざい屋さんを見つけた!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514042313j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190514042316j:image

 

日本人経営ではありませんが(オークランドでは、ほとんどの日本食店は日本人経営ではありません…看板に日本語があろうが他の国のアジア人が経営しています)

抹茶のぜんざいをオーダーしましたが、とても美味しかったです!自分でもびっくりしました。久しぶりに美味しい白玉を食べて心も胃も満足。私も大好きないももち屋さん開こうかな。じゃがいもなら世界中どこにでもあるし…

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514042527j:image

 

日焼け

 

私はオーストラリアで、農業をしようが、1年以上住もうが日焼けはしませんでした。日焼けしずらい体質なのかもしれません。肌が少し赤くなって終わりです。髪の毛のセンターラインは直射日光で赤いラインに変わりますが…(笑)しかしながら、オーストラリア、ニュージーランドの紫外線は日本の7倍です。要するに外に、1分いるのと7分いるのは同じことなのです!1時間いれば、7時間いたのと一緒!怖い!そんな私を助けるのは現地の日焼け止め。ボディー用はSPF50かつ子供でも使える優しいものを選んでいます。顔もこちらで買います。ニベアで顔用を買ったのですが、とても良いのでシェアさせてくださいな。

 

↓こちらです

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514042956j:image

f:id:yuki-shudo-8:20190514093920j:image

 

すでに、3日間使いましたが、日焼けもしてませんし、肌への負担感も感じませんし何よりモイスチャーがあるので、ありがたいです。日本に売っているのかはわかりませんが見つけたら是非使ってみてください。

 

なぜゴンチャはあんなに美味しい

 

台湾初のゴンチャ。タピオカブームで日本でも人気でしたよね。人気だから買いに行くのではなく、美味しいから買いに行く!それくらい美味しいです。そして私はタピオカ大好き〜高校生の頃イオンでタピオカを飲んでいた日々も懐かしいです。こちらでは、タピオカでも通じますが、ゴンチャで働いてる人々はジェリーと言います。5杯飲むごとにフリードリンクがもらえるので、かなり有難いですね。大抵、フリードリンクゲットするまでの道のりって10ドリンクの後とかじゃないでしょうか?もっと早くゴンチャのスタンプカードゲットしておけばよかった!そして私は自分でバシッとこのストローを突き刺すのが怖いのでいつも店員さんに頼みます。笑われるので練習したいですが、そんな機会もなく強さが足りないのか、一度失敗して手がベタベタになって以来、店員さんに頼みます。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514043617j:image

 

メインロード Queen street

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514043621j:image

 

メインロードには大抵このような屋根がついていて台風でも来ない限りだいたい大丈夫です。そして、小雨や大抵の雨ではほとんどの人は傘をさしません。ただ持っていないのか、雨なんて気にしねぇ!という強気なのかは、わかりませんが私も傘は持ち歩きません。何故ならオークランドの天気予報はほとんどの確率であたりません。雨といっていたのに、雨が降らなかったり、晴れと言っていたの、いきなり雨が降ったり…そんな感じです。

 

最後にミラー越しのレアなスカイタワーをご覧ください。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190514044049j:image

 

Have a Good day! 

 

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

異国の地の厳しさ

f:id:yuki-shudo-8:20190510201223j:image

ワーホリは

インスタにアップされてるだけの写真を見ている以上、楽しそうでいいなぁ〜と思う方もたくさんいらっしゃると思いますが、辛いことも楽しさと同じくらいたくさんあります。乗り越えなければいけない壁が幾度となく押し寄せてきます。家探し、仕事探しもそうですが、日本でさえ困難な仕事探しを他国でするってかなりレベル高いです。ポケモンで言うと、レベル68の四天王たちのポケモンに対してオールレベル40のポケモンで挑む感じです。負けます。なので、英語は話せて当たり前、なので英語以外のスキル、私に何ができるのかそれについて考える必要あるのです。私にとってそれはバリスタ。これからも30歳まではワーホリで様々な国で1年ずつ生活していきたいと、考えていますのでバリスタが自分のスキルだ!と声をあげて誇れるようになるまで今は地道に頑張ろうと思います。ここ1年の人生のプランは私にはありませんし、作る気もありません。作ったところでその通りには行かないし、自分の中での日々の目標があればそれで良いと私は思います。そして今日も頑張れた、楽しく生きた。コツコツ頑張りながらもそうゆう気持ちで寝れれば最高だと思います。

 

ライトアートに行ってきた!

友達のケイティが連れてってくれました。開催されてることすら知らなかったので誘ってくれてありがとう😭💖 アートに使われているものはプラスチックのゴミを再利用したり、環境を配慮したものたちでした。綺麗でかつ楽しかったです。日曜日まで港で開催されてるのでみなさん行ってみてください!

f:id:yuki-shudo-8:20190510201843j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190510201850j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190510201846j:image

 

シティーの図書館に行ってきました!

綺麗で何より充電ができる〜勉強にはもってこいのスペースです。日本の雑誌も多々ありまさが、1月号のviviだったり、私が興味のある雑誌は何一つ無かったです…

f:id:yuki-shudo-8:20190510202131j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190510202127j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190510202135j:image

明日も行こう〜っと。

 

髪を切った

5cm切ったのですが、40$、日本円にして2800円ととても安かったです。美容師の方も日本人なので、私の好きな「自分で切ったの?ヘアスタイル」をも再現してくれました。シティーにある、Oasis Hair Design はとてもおススメです!ついでに店内も可愛かったです!

f:id:yuki-shudo-8:20190510202721j:image

 

Instagram/ @yukishudo

gmail/ yuki.shudo.8@gmail.com

 

 

 

 

❤︎❤︎❤︎

f:id:yuki-shudo-8:20190508155229j:image

 

今日の朝は

 

しっかり起き、シティーのカフェで来週からトレーニングを受けれることになりました!カフェは基本朝の7時か6時にオープンし、夕方の4時には閉まります。なので、5時起きの生活が始まりそうです。でも、履歴書めげずに配りまくって良かったです。履歴書を配り歩いてたとき、求人してますか?と聞くたびに No No No と言われまくり、カフェでの仕事は諦めようかと思っていたので、本当に良かったです。メルボルンでは、トレーニング期間はどこも無賃だったのですが、(たぶんメルボルンがイリーガルすぎる) ニュージーランドはしっかりしていて、トレーニング時も給料がもらえますし、平日土日祝日関係なく、ホリデーペイ(時給にプラス8%上乗せしてくれる)と言うのがあります。最低賃金は17$くらい日本円にして1200円くらいなので、ホリデーペイもついて1400円くらいです。そして、祝日は時給1.5倍になり、さらにプラス1日分の給料がついてきます!最高すぎます。祝日に絶対に働きたい。税金は引かれますが、タックスリターン制度はあるらしいです。オーストラリアでは廃止されて一時期、ワーホリ民が騒いでいたので、安心しました!給料が2週間毎に支払われるのもありがたいです。職場にもよりますが、日本の働き始めの、月末締め、翌月払い辛いですよね… 日本も、ゴールデンウィークなどの大型連休は時給1.5倍にすればいいのに!私はオークランドにくるまで、ホテルで働いていましたので、シフト制で休日がバラバラ、かつゴールデンウィークなんて無い人達の気持ちがよくわかります。

 

オークランドはコーヒーのレベルが高い!

 

世界で2番目にカフェの多い街メルボルンにいたので、オークランドのカフェやコーヒーのレベルの高さにびっくりしています。映画館にさえバリスタがいて、素晴らしいラテアートも添えてきます。コーヒーの種類は少し違います。メルボルンにはアメリカーノはありませんでしたが、オークランドのカフェは大抵どこでもあって、日本のドリップコーヒーに近い感じですかね?メルボルンでは、ロングブラックを日本のドリップコーヒーだと勘違いして苦っとなってる人達をたくさん見たことがあるので、アメリカーノは日本人にとって、あと牛乳が飲めない人にとって優しいですね。ロングブラックは苦いせいか、炭酸水も一緒に付いてきます。逆にピッコロは無い気がします。メルボルンでもピッコロを頼んでる人はそんなに見たことは無いですが、ピッコロは作るのが少し難しいのでそこはちょっと嬉しいです 😂 あと、シングルショットのハンドルもほとんど無いですたぶん。こっそりエスプレッソマシーン見てきた中では全部ダブル用でした。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190508164832j:image

f:id:yuki-shudo-8:20190508164836j:image

 

バスがとにかく綺麗

 

メルボルンでもバスは綺麗でしたが、オークランドのバスはもっと綺麗です。しかも、バスによっては充電もできたりと、素晴らしい!優先席のシートが折りたたみ式になっているので、車椅子の方も、ベビーカーを押している方にも座りやすく状況によってアレンジしやすくなってるところに、とても感心します。乗る際はGood morning!や Hi!など運転手さんに軽い挨拶をして、降りる際は、後ろから降りる場合も前から降りる場合でも運転手さんに Thank you!と言って降りる、この文化とても素敵です。そして、バスはたいてい3分前くらいに来ます。遅れることが逆にあまりないです。なので、私は日本の感覚で1分前にバス停に到着して間に合った〜と思ったらもう行ってしまってるパターンが多かったので、最近は5分前にはバス停で待機するようにしてます。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190508162522j:image

 

↑たぶん充電するやつですよねこれ?でも、charger とは書いていない。なんなんだ?

 

愛しのターゲットが無い…

 

ケーマートは1つ、行ける範囲であるのですが、ターゲットが無い!なんでぇ!ケーマートもターゲットも似てるんですけど、ターゲットはイギリスに行ったことのある人ならわかると思いますが、プライマーク的なジャンルで、ケーマートとはまたちょっと違うんですよね…寒くなってきたので、厚手のブランケットを買おうとしてるのですが、大人しくケーマートに行きます。でも私、ケーマート大好き!🤣💖 ファーマーってところが良いと友達が行っていたので明日にでもチェックしに行ってきます。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190508171650j:image

 

↑家から見えるら夜景。目で見た感じはもっとすごいのにiPhoneでとるとこうなるイライラ。そのうち、色々進化して、スマホも無くなって、アイアンマンみたいにメガネかコンタクトレンズになって、目の瞬きで目で見た景色と全く同じ風合いの写真が撮れる世界になると私は予言する。

 

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

I need someone to wake me up 😴

f:id:yuki-shudo-8:20190505184009j:image

Any one can wake me up?

 

以前の記事でお伝えしたように、昨日の朝にカフェでのトレーニングを受けれる予定でしたが、まさかの大寝坊をしてしまいチャラに。前の日は夜の10時に寝たのにも関わらず、次の日の9時に起きてしまい、急いでカフェに連絡し謝りましたが、” 初日のトレーニングで寝坊はあり得ない、ここのカフェは毎日6時にオープンするのだから “ と言われ、ごもっともなわけで、私は最大のチャンスを逃してしまいました。仕事探し再スタート… オークランドはセブンが無くコーヒーをゲットできないせいか、カフェのオープンがとてつもなく早いです。そして、3時か4時にはクローズします。みんな仕事前にコーヒー飲みたいですもんね!私もそんな彼らのためにいつか美味しいコーヒー作りたい!ニュージーランドにいる間に最後の半年でもいいからカフェで働いてスキルもアップさせたいです。 

言い訳をさせてもらえるのならば、私は持病があって、オーストラリアにいた時もそうでしたが、毎月親に日本の病院から処方箋を送ってもらっています。(もう鬱ではないです) 海外では保険が効かず莫大な費用になるからです。その薬の副作用のせいなのかはわかりませんが、私は1度眠りにつくとあり得ないくらい起きられません。日中もひたすら眠気と戦っています。だったら、カフェの仕事なんて向いてないと思う人もいるかもしれませんが、私は私。やりたいことはやりたいですし、やります。なので、普通の人なら普通にできるんですけど、私にとっては、”早起きすること” が今の最大の目標です。そんなの気持ちの問題じゃない?と反撃してくる方々もいますが、薬の副作用をなめてはいけません。気持ちの問題であればニュージーランドに来てまでやっと手にれた面接をこういった形で無駄にはしません。そして私は何年もこの持病と向き合ってます。何の持病?クエスチョンもいりません。伝えて、治る可能性が低く、認知されてない分、本気で親身に調べてくれたのは家族だけだからです。なので、伝えたところで私が傷つく可能性の方が高いからです。他人の為に自分の時間を割いて必死に調べるというのは愛が必要です。だったら、ここで持病の話や薬の副作用の話をしなければ良いじゃん?と思う人もいるかもしれませんが、人それぞれ何かを抱えながらも、それが母国であろうが他国であろうが日々生きている、1日を過ごしているということを忘れないでほしいからです。私もそのうちの1人なので、誰かの勇気づけになれればと思い書きました。私はセレーナゴメスが大好きで彼女の精神病への向き合い方に勇気をもらいました。なので、私はセレーナではないですが、このブログを読んでくれてる方々にもきっと悩みがあると思うので、状況や悩み事は違えど、人生に悩みや不安は付き物です。だからと言って、世間がよく言う、弱い人間でも、ネガティブな人間でも、メンヘラな人間でもないです。(この〜な人間って人をカテゴリー化してくるの本当に辞めて欲しいです。) 私は私。あなたはあなたです。なので、健康な方々は、自分の体に改めて感謝して毎日を過ごしてほしいと思います。できることなら私もそうなりたいです、みんながそうなりたいです…。健康が何より1番です!!!また、日本はこういうことに関して、風当たりがまだまだ強い世の中だし、話したがらない風潮があるので、私も詳しくは話す気にはなりません。オーストラリアは精神病に対してとてもオープンで話しやすい雰囲気がありました。その感覚で日本に戻り鬱だったときに、1度日本で公表して嫌な思いを沢山したので、ここに書くのも結構な勇気がいりますが、本当のことなので書いておきます。そしていつか日本も目には見えない病気や認知されてない珍しい持病にもお互いにもっともっと理解を深められる国になってほしいです。また私は素敵な言葉に出会いました。

将来のことなんて誰にもわからない、心配ばかりしていたら、人生が心配だけで終わってしまう 」– 大好きなシリーズLOSTより

 

友達と呼べる存在ができた!嬉しい

 

優しくて面白い気さくな友達ができました。笑いのツボが似てるので、彼女といるとずっと笑ってられます。カフェのトレーニングの前日も、ものすごいエールを送ってくれたのに、起きれなくてごめんね… でも次の仕事探し頑張るよ こないだ遊んだ時は、片道バスで1時間もかかる郵便局に荷物をピックアップするために私と一緒に行ってくれました。(オークランドの郵便局は時間指定が無いため、基本は朝に届けてくれるらしいですが、あくまで基本なので1日中家にいなければならないのと、日付指定さえ数日後だったりします。) バスの中でも、ここは何とかだよってオークランドの街のことを教えてくれて、もう本当に大好き…ありがとう。💖

f:id:yuki-shudo-8:20190505191300j:image

 

私はフィルムカメラが大好きなのですが、Queen street, near K Rd という情報だけでは、全くわからないので、彼女にカメラ屋さんにも連れてってもらいフィルムカメラのデータもゲットしました!フィルムカメラが大好きな方、ぜひ、Toi Turama を訪れてみてください!素敵な優しいフレンドリーなおじさんが、現像して携帯にデータも送ってくださいます。2時間後にデータが届いたので早技すぎて、びっくりしました。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190505192344j:image

 

↑フィルム35mm ちなみに Piha 

 

仕事探し難しい

 

オークランドは小さな都市なので、仕事探しが難しいです。そして、交通網もあまり発達してないので、住む場所によっては働ける場所も限られてきます。オーストラリアのメルボルンと比べると3倍くらい仕事探しが難しいです…そんな私は仕事探しがしづらい所に住んでいて、ますますウワァァアって感じです。郊外が好きだし、バスに乗るのも好きだし、何よりシェアメイトが好きなので引っ越すつもりはありませんが。なので、自分のバス範囲内で無理なく行ける場所、そして仕事をストレスにしたくないので、一度お店をチェックして、後はひたすら履歴書を配り歩いています。履歴書に関してはワードなどで自己流に作り上げで、あとは大量印刷するだけなので、この点は日本も見習ってほしいですね!顔写真も必要ないのも良いことだと思います。逆に何故、日本はあんなにも顔写真を求めてくるのでしょうか?見た目でジャッジされてる感満載です。永遠に疑問です。

 

オークランドのCBD内は隠れ素敵スポット満載

 

先ほどの友達に色々連れてってもらったのですが、ここ、すごく良かったです。時間がのんびり流れてて、スカイタワーも見えます。スカイタワーは何処からも見えますが(笑)ここは古着屋さんもたくさんあるので古着好きの私にはたまらない場所です。服は買わないと決めたので見るだけですが、でもそれでもやっぱり楽しい!古着って最高!ちなみにこれもK Rd です。本名わからない。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190505193548j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190505193552j:image 

 

↑ゴンチャのタイミルクティー最高です。ゴンチャで待ってる時に、トッピングにカスタードと書いてあって、え?待てよ、カスタードなんてトッピングする人いる?逆にそしたら何故ケチャップ無い?とブツブツ言っていたら、彼女がゆうきそれ、マスタードだよって言ってくれて全てが解決しました。ややこしいですね。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190505193556j:image

 

最近の朝は苫小牧か釧路並みの霧

 

最近だんだん寒くなってきて、4月に札幌からきた私にとっては春を迎える前に、オークランドで秋を迎え、そしてまた冬を迎えようとしています。でも帰国する時はその逆でオークランドの夏からの北海道での春!そして日本にいればまた夏が来る!最高です。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190505193928j:image

 

↑いつもは見える海が見えなくて幻想的

 

けみおの本が届いた!

 

異国の地にきて、ワーホリは3度目なので、ホームシックには特になってませんが、不思議な感情に見舞われています。でも、けみおの本が昨日届いて、良いことが沢山 書いてあって本を読むのが大嫌いな私でも1日で読み終わりました。自分の価値観を大切にすること、でもそれを人に押し付けないこと、文句ばっかり言ってないで、自分たちの未来の為に政治に関心を持って、しっかり考えた上で投票に行くこと、友情の在り方について、恋愛に焦りや勝ち負けは必要無いこと、人それぞれ幸せの形は違うこと、年齢はただの数字にすぎなくて、それに左右される必要は無いこと、どんなことにも遅いってことはないこと、自分を信じること、周りの目を気にせず自分の好きな服を着ることがお洒落だってこと。これらは、あくまでトピックなので詳しい話の中での名言と、ほんとそれ〜って思うことが多すぎて、ここには書ききれないので、私の胸に刺さった言葉の1つ、そしてそういう風に思いながら日々を過ごしたいと思った一文を紹介します。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190505194732j:image

 

f:id:yuki-shudo-8:20190505200248j:image 

 

みんな、けみおの本、買いにいこう!

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

オークランドに来て19日目

 

f:id:yuki-shudo-8:20190501141233j:image

 

↑家の近くの Taylors Bay

 

カフェでのトレーニングをGET!

 

本当は今日、面接の予定だったのですが昨日お忍びでカフェへ行ったところ、何故だか私だとバレて、たまたまボスもいたので、面接というよりカジュアルな会話をしていくうちに、オッケー!となり、トレーニングから始めれることになりました!美味しいフリーコーヒーとケーキも頂き、働いてる他のスタッフ達もとても気さくで優しく、素敵なカフェだなぁと感じました。オープンしたてのカフェだそうです。トレーニングは明日からです。緊張するなぁ。そこはカフェ兼レストランで、夜は大好きなタイ料理!家からも近く、バスで10分くらいなので、是非ともここでのフルタイムの仕事をゲットしたい…トレーニング頑張ってきます!しかしながら最後にエスプレッソマシーンを使ったのは1年半前…絶対に忘れているので、今はYouTube見ながら必死に思い出そうとしています。そして体が覚えていてくれてることを願うばかりです。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190501142601j:image

 

ハウスメイト達がとても優しくて嬉しい毎日

 

ニュージーランドでの履歴書の作り方(メルボルンとまた違う…)、仕事情報、日々のオークランド情報、色んなことを教えてくれます。こないだ3人でテレビを見ながらピザを食べたのですが、幸せな時間でした。天気についてですが、オークランドは今はまだ秋で、日中はものすごく暖かいですが、夜になると恐ろしいくらい寒いです。寒さで夜中に1度は目覚めます。外の方があったかい気がするときもあります。道民のくせに冬がやってくるのが怖いです…1日の天気の移り変わりも激しいですが、これはメルボルンと同じなので、慣れてます!H.K (懐かしい笑) 炊飯器が安いせいか、古いせいかわかりませんが、米を炊くたびに、ものすごい量の米がこびりついて、困ってます。色々検索して、”炊けたらご飯を即座にかき混ぜる” や、”油を少しひく” など、色々試してますが、なかなか上手くいきません。何か良い方法を知ってる方がいましたら教えてください。ちなみに、”新しい炊飯器を買う” は選択肢に無いので、受け付けません。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190501143823j:image 

 

↑奥に見える丘がなんだか不思議です。今日は家の周りをグルグルして最後に野菜屋さんに行ってきました。美味しい茄子の調理方法をおじさんが永遠に語ってくれましたが、料理のできない私には途中から訳がわからなくなりましたので、いつも通り焼いて醤油かけて食べます。私の中で焼いた茄子と醤油って最高のコンビネーション

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

もうちょっとで2週間

f:id:yuki-shudo-8:20190424201156j:image

 

二段バスの上は最高です!ひたすら楽しい!ちょいジェットコースター気分〜。何故なら坂が多いから…。

 

海外生活で1番感じるのは小さな幸せ

 

朝起きて、窓から見える雲をただぼーっと10分くらい眺めたりする時間、道を歩いていたらすれ違う人達が微笑んでくれること、日本とは違う自然や建物、人々をバスから眺めること、新しい文化に触れること、新しい人と出会うこと、窓を開けて新鮮な空気と鳥の鳴き声を聞きながら、このブログ書けること、些細なことがいちいち新鮮で素敵に感じます。お金で買えない幸せって、まさにこれなんだなぁって毎度思います。

 

3日前に、オーナー的なスリランカ夫妻が引っ越していったので、今はもったいないくらい大きい家に他の女の子2人と暮らしてます!なので、ものすごいフリーダムですがスリランカ夫妻が恋しいです。彼らと暮らしたのは1週間くらいでしたが、色んな話をしました。彼らは45の国に住んだり、旅行したりしてきた方達で、日本にも2年間住んでたそうです。だからこその、彼らが語ってくれた、”ニュージーランドにいるからといって、変に馴染む必要も無いし、ニュージーランドの良いところだけをたくさん吸収しなさい” は、もしかしたら普通のことかもしれないですが、ニュージーランドに慣れなきゃ!と思っていた私の心にはものすごく響きました。スリランカ夫妻が引っ越す前にイースターで作ってくださったスリランカの伝統料理、とても美味しかったです。鼻水が止まらないくらいスパイシーでしたが…🇱🇰

 

f:id:yuki-shudo-8:20190426080834j:image

 

交通費と家賃と物価

 

私はこれからバスを使いまくるので、1ヶ月のATカードの定期をチャージしたのですが、なんと、250$!高すぎないですか?!(メルボルンと比べる癖がまだ治らないからか?)  でも、昨日映画を見にいったのですが、ちなみにアベンジャーズ エンドゲーム!(最高だったから2回目行く) その映画代は19ドルで日本円で換算すると1400円くらいです。日本だと1800円ですよね!なのでオークランドの物価は高いんだか安いんだかまだよくわかりません。まぁでもこの定期で、どこまでも行けます!家はシェアハウスのオウンルームで週200$。インターネットや光熱費は全て込みです。日本円で換算すると月6万円くらいです!なので家は安いと思います。素晴らしい大自然に囲まれながら生活するのは心が安らぎます。仕事がまだ無いので安らいでる場合じゃないんですが。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190425075804j:image

 

↑ちなみにこれがATカードです。全ての交通機関に使えます。大好きな沖縄先輩から頂きました!ありがとうございます!オークランドのシティーでバイオリンの音色が聞こえたらそれは沖縄先輩なので、皆さん是非とも聞いてください!彼のバイオリンは宇宙一です。

 

食べ物

 

私の部屋は朝になると、太陽の日差しがこれでもかってくらい、ものすごく差し込んでくる日当たりが良すぎる部屋なので、強制的に起こされ、最近は生活リズムが整ってきた気がして少し嬉しいです。朝ごはんは、いたって普通。夜は一昨日から自炊を始めました。家に炊飯器もあるので、日本へ帰る1年後には料理の腕があがってるかもしれません 😏 素敵な景色を見ながら食べる朝ごはんは格別です!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190424205916j:image

 

↑このチョコ、ヌテラ。最高に美味しいし普通のチョコと何かすごい違うんです。たぶんヘーゼルナッツが入ってるからですかね。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190426085701j:image

 

↑トマトは私にとって源なんですけど、アボカドが今はシーズンではないらしく、どこのスーパーにもありません。あっても、7$くらいするらしいので絶対買うなと、スリランカ夫妻が引っ越す前に助言していきました。アボカド食べたい…逆にシーズンいつ…?

 

f:id:yuki-shudo-8:20190424205912j:image

 

↑永遠に見てられる眺め 日によって波の高さが違います。潮の満ち引き?です。なので、こんな日もあります。↓

 

f:id:yuki-shudo-8:20190426080352j:image

 

f:id:yuki-shudo-8:20190425080113j:image

 

↑私を救う炊飯器 米炊いたら私の中ではもうそれは自炊です。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190425080106j:image

 

↑私の中で味も形も日本の米と同じ

 

f:id:yuki-shudo-8:20190425080110j:image

 

↑みんな大好きミーゴレン!これに卵焼いて乗せたら私の中ではそれも自炊。

 

ゴミの謎

 

ニュージーランドのオークランドでは、ゴミは2種類です。1つ目はペットボトルやビン、空き缶、大きなプラスチック。2つ目は、それ以外全部です。なので、日本のような細かな分別は無いです。日曜日の夜に歩道にゴミ箱を出しておくと、月曜日の朝にはゴミを回収していってくれます。ペットボトルの方は2週間に1回なので、忘れるとウワァァアってなります。責任重大! 前も書きましたが、スーパーではビニール袋が廃止され、私もエコバッグデビューしたんですけど、ゴミの分別とビニール袋の廃止はまた違うんですかね?よくわかりません。ゴミといえば、オークランドもディズニーランドと同じように、どこにでもゴミ箱があるので、日本のようにゴミを持ち帰る必要はほとんど無いです。なので、街中もとても綺麗です。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190425101314j:image 

 

↑これがどの家庭にもある専用ゴミ箱です。2週間に1回の方たぶん私達 出し忘れましたね…

 

あと、どうでもいいですが、おでこのすごいど真ん中、何かに刺されました…痒い

 

 

Instagram

Follow me → @yukishudo