ワーキングホリデーの記録

北海道 苫小牧出身の首藤 有貴(しゅどう ゆうき)です。海外で実際に働き生活したからこそわかるであろう、より深い文化を知りたく、短大2年目後期を休学しオーストラリアへワーホリビザにて渡航しました。短大卒業後も、セカンドワーホリビザでまたオーストラリアへ。2019-2020はニュージーランドで働いていました。IG @yukishudo

考えたい 何歳までに〜の価値観

f:id:yuki-shudo-8:20201010101246j:image

 ↑メルボルンのどこか 奥はエリザベスst この小道に可愛い古着屋あります!

 

よくいる何歳までに〜

 

誰の周りにもよくいる、

〇〇歳までに結婚したい〜

〇〇歳までに子供が欲しい〜

〇〇歳までに目標を定めろ〜

 

やりたいことがあって、

自分の中でそれが明確で、

たしかにそれって素晴らしいことだと思います。

でも、同じようにそれを他人に押し付けるような価値観の持ち方は違うと思うんです。

 

例えば、

〇〇歳までに結婚する人の共通点!

〇〇歳までに成功する人!

とかとか。

 

そしてどんどん洗脳されてって、 

 

自分の年齢=みなの手によって勝手に作り上げられた大きなそして大体のその年齢で達成してないといけないもの

 

みたいなのに到達してないと何故か焦る人達。

 

 

みんなわかってるはずなのに何故?

 

人はそれぞれ違うバックグランド、これまで歩んできた道、抱えてるもの全く違う。

だからこそタイミングだって人それぞれ。

なのに世間体は型にはめてくる。

 

例えば、

多くの人の共通の話題であろう結婚。

私はすごくどうでもいい。

結婚したくないというわけではないですし、

今の彼氏とは老後も一緒にいたい。絶対楽しいから。

ただ、

何歳までに結婚したい!みたいな人が

私はすごくどうでもいい。 

 

どうして〇〇歳までに結婚しないといけないの?え?じゃあ結婚できなかったらどうするの?そもそも、その〇〇歳はどこからきてるの?

 

たしかに女性は子どもを産める年齢にリミットがあるので、わからなくもないですが…

 

ではでは、とりあえず、

世界を見て視野を広げてみましょう!

 

オーストラリアやニュージーランドは事実婚が多い国です。

以前付き合っていた彼氏の両親も事実婚でしたが、連れ添ってもう30年以上。子供は3人いて、毎年夫婦2人で1週間の海外旅行に行っています。当時私は聞いたんです。

 

どうして事実婚なの?と。

すると、逆に聞かれました。

じゃああなたはどうして結婚したいの?

私は答えられませんでした。

 

そして彼女は言いました。 

 

「私達は大好きな相手とただ一緒にいたいだけ。ずーっとね。愛する相手と人生を楽しみたい。だってそれが結婚とか何よりも1番でしょう?だから気にしないわ、私は世界一幸せよ」

 

何て素敵な!

事情によって結婚できない人達、国籍が違うからこれからも一緒にいる為に結婚する人達、結婚はいろんな形があると思うんです。事実婚もそうです。でも年齢じゃないと思うんです。

 

海外生活したことない方たちは、周りにこういう考え方の方がいない人達は、

映画の世界がリアルな海外の世界、リアルな現地の人々の考え方だと思いがち。

どんなことに対しても。

物事への考え方、恋愛関係、生活スタイル、働き方、生き方。

私ブログで何度も言ってますが違うんです!

本当に。

 

逆に日本のアニメ、日本の映画、日本のドラマみたいな生活、生き方してる人周りにどれくらいいます?

私は1人もいません。

 

 

年齢はただの数字

 

よくあるフレーズですけど、

本当にそう!

その年齢でやってきたこと、やりたいことは人それぞれ。

人生計画を立てることは素晴らしいことだし、将来やりたいことを具体的に書き出して逆算するのも素晴らしいことだし、

私も達成したいこと、実現させたいこと、紙に書いて部屋に貼って毎朝、日本語と英語で読み上げてます。

 

でも、それって、自分自身との向き合いであって、他人と比べるものでもなければ、他人に押し付けるものでもなくって。

 

そして私は生きてるうちに達成できれば、そして、それらの達成に満足せず、その幸せを常にわかっていられる自分でありたい。

何歳になっても、学ぶことを忘れず成長し続ける人間でありたい。

 

存在するのは「今」だけだし、「この瞬間」であって、この瞬間が構築されて、過去になるわけで、その過去も自分の単なる記憶上であって…。

そして未来は誰にもわからない。

 

〇〇歳までに〜という変な型にはまるより、

今を大切にして今を精一杯、

存分に生きるのも良いと私は思います!

「今」は、それぞれみんなが持つ唯一同じものですから!

 

余談

 

友人が教えてくれてネットフリックスでSNSについて考えさせられる映画を観ました。

 

映画 デジタル社会がもたらす光と影」

 

ストーリーでもシェアしましたが、

いかに私たちがSNSに気づかないうちにコントロールされているか、コントロールされていないとわかっていても、SNSをやめない限りされているんです。残念ながら。

でも、SNSって良い面も沢山あるんですよねぇ。私はこうやってブログを発信できたり。

そもそも写真好きだし。

しかしながら、SNSにとっては、私達は商品なんです。SNSが成り立ってるのは広告のおかげであったり、膨大な量のデータを集めることができる。例えばインスタで言うと、あなたが何時に何を検索する癖があるとか。何時に過去の写真を見る癖があるとか。どんな時に過去の写真を消す癖があるとか。

 

そして、人間の脳はまだSNSというスーパーハイテクノロジーに勝てない。何故なら人間の脳は進化していないから。でもSNSに埋め込まれているAIは日々進化し続ける。

ネタバレ系の映画ではないので、書きますが、

 

映画の最後で、

yotubeはおススメを見るな!

自分でサーチしろ!

インスタを少し止めてみろ!

少しずつ今よりも正確な判断ができるようになる、そして新しい考えが生まれるであろう!

外は美しいぞ!と。

 

SNSはもはや、個人をこえて国境を越えて世界全体をコントロールできる力があります。

興味のある方は映画見てみてください。

全て、ツイッター、グーグル、インスタ、フェイスブックの元創設者や、ITの方々、インスタのいいねのハートマークを作り上げた人々によって語られています。

作り上げた人々がSNSをどうにかしたいと奮闘しています。一番の近道は多くの人がこの映画を見ることだとも思います。

 

そして、前記事でも書きましたが、考えることの省エネは止めたくないですね。特にこういった問題に対しては。

なのでとりあえずインスタを数週間止めてみることにしました。すると私の彼氏は大学のエッセイでSNSが人々に及ぼすことをサーチして書いたらしく、私の脱インスタに参加するぜ〜と言ってくれました。はぁ、愛。

ですので、

用のある方はLINEかメッセンジャーでお願いします。

 

ではまた!

 

日本ってある意味 発展途上国じゃない?

f:id:yuki-shudo-8:20201005171307j:image

 

考えることの省エネやめようヨ

 

何かについて深く考えてみるってすごく意外と労力を使う気がします。だからこそ、それに対して省エネしがちだと思うんです。

私が思うに、人間にとって大切なことを考えてみる、学んでみる、お互いに意見を交換する、そこから行動を起こすことを省エネしてしまっては、なんかもったいないと思います。

せっかくのチャンスなのにぃ!

 

さてさて、

日本ってすごく不思議な国だと思うんです。

人によってはすごく生きやすくて…

だって、

コンビニとか便利だし〜

ある程度の物は整ってるし〜

銃とかその辺に中々ないし〜

 

しかしながら、

私には少し平和ボケに感じてしまいます。

確かに日本は他の国に比べたら、

ほんの少し安全かもしれません。

 

その安全ってどんな安全?治安?

気持ちの安全について考えたことはありますか?こっち、全然安全じゃないと思います。

 

 

もう2020年ヨ

 

私が今回話したいのはLGBTQと外国人への接し方についてです。外国人ってワードも最近、自分の中では違和感ですが…

 

LGBTQ

 

日本にいると、人によっては、あまり周りに沢山いるように感じないかもしれませんが、おそらくそれは日本がこのトピックに対してオープンじゃないから。

 

知らない方もいると思うので…

 

L = レズビアン

G = ゲイ

B = バイセクシャル

T = トランスジェンダー

Q = クエスチョン

 

〇〇であることを公表!とかも、

私的には?って感じです。

公表っていう立ち位置にある時点で、

日本って遅れてるなぁ〜って思います。

 

 

私の体験談

 

私はオーストラリアに2年間、

ニュージーランドに1年間いましたが、

どちらの国でもゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーの友達が沢山できました。そして街中にも沢山いました。日本より人口の少ない国でですよ?

 

 

そして、

どちらの国でも日本よりもはるかにオープンなので、

皆さんわざわざ私は〇〇なの…

と言ったりしません。

 

どちらかというと、私は〇〇だから、男の人が好き、女の人が好き、どっちも好き だとか、

私は〇〇だから、こういう考え方になるんだよね〜とサラッと言います。

 

ニュージーランドでは、当時付き合っていた彼氏がサラッと俺バイセクシャルなんだよね〜と言っていました。

 

 

日本はなんでそんなに皆一緒がいいの?

 

最大の疑問です。

日本人って、まぁ私も日本人ですが、

なんでそんなにも周りと同じになりたがるのでしょうか?

周りと違うと、考え方が違うと、その人の個性を活かすのではなく、日本の見えないよくわからないでも普通という名の型にはめようとしてくる…

たぶん、外国人がまだまだ少ないっていうのも背景にある気がしますが…

 

 

あ!外国人!

 

私、正直びっくりします。

他国からの友人が多いため、一緒に遊んでると、街中を歩いてると、彼らに向かって普通に、聞こえて来る音量で、

 

「あ!外国人だ!」と言う子供たち。学生達。

外見で判断して英語で話しかける人々。

 

 

観光客でもない限り、そして今のこのコロナ渦は特に日本にいる他国の国の人々は日本語普通に話せます。そして、見た目で判断され、外国人と言われたり、英語で話しかけられたら、その度に、少し傷ついています。

大好きな日本にいるのに…

 

私、オーストラリアやニュージーランドで

子供や学生に

「あ!日本人だ!」

「外国人だ!」

「アジア人だ!」

なんて、言われたこと1度もありません。

 

 

日本語で話しかけようヨ

 

見た目でジャッジせず、まずは日本語で話しかけようよって思います。

通じなかったら英語を使えば良い。

私は自分の経験からそうしています。

 

 

皆と同じであることが決して必ずしも大切ではありません。

そう考えると、SMAPの世界にひとつだけの花って良い曲ですよね…

黙っていることが、声を上げないことが、自分の意見を言わないことが、いかなる時も美徳ではありません。

 

 

日本がもっともっと、オープンに、声のあげれる国に、自分らしさを出せる環境に、自分の意見を言いやすい、そして愛の溢れる国になることを願います。

 

 

 

ではまた!

 

 

Instagram

 Follow me → @yukishudo

ワーホリ広告のトラップ!

f:id:yuki-shudo-8:20200930002558j:image

写真はオーストラリア メルボルンのサザンクロス駅。空港からのスカイバスに乗るとCity内のこちらの駅にたどり着きます!

 

英語達者でも10万円以下からは無理ヨ

 

最近ワーキングホリデービザを使って、

英語を学びに行こう!

海外で1年生活してみよう!

働いてみよう!

という人達が増えてきたように感じます。

嬉しい限りです。

 

ネットで調べれば他国のことを知った気になれるかもしれない。

 

しかしながら、ネットとリアルは違います。

 

住めば、働けば、現地の日本に対して全く興味のない人達と触れ合えばわかると思います。

日本にいる外国人はおそらく日本が好きで日本にいると思うので…

 

私もオーストラリア、ニュージーランドにトータル3年間いましたが…

中国と日本を同じ国だと思ってる人もいれば、日本はどこにあるの?と言う人もいれば、寿司作ってよ!と真顔で行ってくる人や、通りすがりに国帰れ!と言ってくる人もいれば、

その反面、電車に乗れば、隣の人は話しかけてくれたり、外を歩いていて目があったら微笑み合うのは当たり前、友達と会ったらハグするのも当たり前、友達に遊ぼ!と言ったら2〜3人知らない人連れてくるの当たり前、だからこそ友達が増える!などなど

 

他国で生活するって日本では経験できないであろうことが毎日起こるんです。

辛い事もたーくさんあるけれど、それ以上に得られるものが沢山あります。

人生の財産になるでしょう。

 

 

話は戻りまして、私の経験上、

英語圏へ10万円以下で行くなんて無理です!

広告に騙されないで〜

 

 

ワーホリ費用

 

1番ワーホリビザを取りやすいのはオーストラリアでしょう。新型コロナでなければ、数時間でビザを取れ、明日には出発できていました。

 

 

1番安く行けるオーストラリア編

 

仮に英語話せる前提での初期費用です。

そしてエージェントも使わない。

 

 

ワーキングホリデービザ代 / 4万円前後

 

飛行機代 / 6万円前後

格安航空機を使ったとして、乗り継ぎまくって費用抑える。

 

家と仕事が見つかるまでの1週間から2週間くらいのバックパッカー費用+食費 / 3〜6万円前後

 

保険 / 現地のに加入して 6万円前後

ちなみに日本の保険は日本語対応がついてる分最低でも25万円です。それでも高すぎます!保険内容はほぼ同じなのに…

 

と、いうことで、

最低でも25万円から30万円は必要です

 

そしてもちろんのこと、数週間で仕事が見つからなければ、もっと初期費用はいりますし、

語学学校に行きたければ、学校代は

1ヶ月最低でも15〜20万円前後です。

 

国によっては、ビザを取る際に、

日本の保険に加入していることが条件であったりと(カナダ) 、現地の保険が通用しない場合もあります。

 

なので、広告に騙されないで〜

 

でも、いざ仕事が見つかればお金はプラスで帰ってこれると思うので!

英語レベルにもよると思いますが。

 

私が2019-2020でワーホリでニュージーランドへ行った際の

総額費用はこちらからもチェックできますので参考までにどうぞ!

留学エージェントは使わず全て自分で手続きを行いましたので、

費用は安く抑えられました。最終的には現地でバリスタの仕事もゲットしました。

 

 

yuki-shudo-8.hatenablog.com

 

ワーキングホリデービザで何をしたいのか

 

よく、自分探し〜とか言う方いますけど、私には意味がわかりません。

自分自身をわかっていないのに、何を探しにいくのでしょうか?

正直言って、

海外生活そんなに甘くありません。

 

 

たしかに、海外生活で得られるもの、

他文化から吸収できるもの、

他国の人達から得られる影響、

それらは膨大です。

価値観が覆ります。

 

もっと自由に生きていいんだ!

という気持ちになります。

 

私はそのせいで日本での生活が息苦しいです。

 

でもそれって、自分の中の視野が広がって、成長してって、ポケモンで言うレベルアップ!みたいな感じだと私は思うんです。

 

自分は探すものではなく、作り上げていくものだと思います。

 

 

そして、

せっかくのワーキングホリデービザ。

30歳までの特権。

1つの国に対して1度しか、

たったの1年しか行けません。

(オーストラリアは農業を3ヶ月すればセカンドワーキングホリデービザをゲットできますが。) 

 

なので、漠然としてていいんです。

しかしながら、やっぱり…

 

英語力を伸ばしたい!

他国の文化をもっと知りたい!

自分のスキルを試したい!

日本の文化を広めたい!

他国の働き方を知りたい!

 

などなど、多少は何かあると良いと思います。

 

なぜなら広告に出てくる写真のような、キラキラ見える生活はお金が相当ない限り、もしくはフリーランスでどこでも稼げる仕事を初めから持っている、もしくは英語話せて当たり前、かつ現地の人以上もしくは現地の人よりも勝るスキルを持っていない限り無謀です。

 

 

そして最後にまた伝えますが、

初期費用10万円以下でワーホリビザで英語圏に行くのは無理です…

 

正しい情報を掴んでいきましょーう!

 

 

ではまた!

 

気になる事、英語の勉強方法、ワーホリについて知りたい事等ありましたら、インスタグラムにてメッセージお願い致します🤲

 

 

Instagram

 良かったらこちらも → @yukishudo

YOLO

f:id:yuki-shudo-8:20200927234347j:image

 

悲観的は人間の能力

 

最近悲しいニュースが多いです。新型コロナで生活様式も一変し、働き方も少しずつ変わりルールも増え、生活に多くの制限がかかり、当たり前にできていたことができなくなり、会いたい人に会えなくなり、(私自身も日本とイギリスの遠距離恋愛になってしまいました)。

しかしながらも、世界に目を向けてみると、ニュースで報道されてるのは本当にごく一部。友人から話を聞く限り、オーストラリアのメルボルンはまたロックダウン。いつも出歩いていた友人達もずっと家にいます。イギリスも一部エリアで規制とロックダウンが始まるとのこと。インドでは1日の感染者が1万人。人口が〜とかではなく、ある意味、制限はあるものの新型コロナ渦での日本での生活はとても恵まれていると私は感じます。

 

話は戻りまして、

そんな中で思いもよらないタイミングで飛び込んでくる悲しいニュースの数々。ネットでは憶測で色んな内容が飛び交っています。

そして悲観的になってしまうのは、仕方が無いですし、人類が生き残る上で必要な能力でもあります。(本 ファクトフルネスより引用)

 

しかしながら、私自身が一つ思うのは、

 

みんな同じ人間であって、そして相手のすべてを知る事は不可能ということです。

 

私達が誰かと会話する時、テレビに映る美しい、かっこいい、楽しそうな芸能人を見る時、友人の素敵なインスタを見る時、

どんな時も、自分自身のバックグラウンド、経験、相手に持つ印象、といった様々な思考回路やフィルターを通して相手を見ていると思うんです。

なので、そのフィルターのせいで、本当に大事な所が見えてないかもしれない。

実際、相手が何を考えているのかなんて態度や言動からは全てはわからないと思います。

だからこそ、人間関係が上手くいかなかったり、逆に思いもよらぬところで上手くいったり…

 

そう考えてみるとまた違ったサイドから物事を考えてみることができると思うんです。

 

そして一番大切なことは、

他人と比べず自分の中の最高を目指す!

難しいけれど、自分をとことん愛する。

 

だと思います。

 

 

今日の英語

 

YOLO = You only live once

 

 

ではまた!

 

Instagram

 良かったらこちらも → @yukishudo

 

よく聞かれる何故英語を使った仕事をしないのか

f:id:yuki-shudo-8:20200820124306j:image

 

世界に出たら英語は話せて当たり前

 

よく仕事の面接などで、 

どうして英語を使った仕事をしようとは思わないのですか?と聞かれます。

私にとっては、じゃあどうして日本語ペラペラなのに日本語を使った仕事をしようと思わないのですか?例えば日本語教師とか。

と言われてるのと同じです。

英語を使って活躍している方も沢山いらっしゃしますし、

とてもかっこいいです。

しかしながら、私にとっての英語はまた違うのです。

 

そして何よりも私が今悩んでるのが、日本人に話し方が外国人みたいと言われたり、お姉さん日本語上手ですねと知らない人に言われたり、私の変な日本語のアクセントのせいか、子供に話すように、ものすごくゆっくり話されたり、そういう扱いを受けるのが屈辱すぎて。

オーストラリアやニュージーランドで合った差別より正直辛いです。

なので、私は私生活で英語を沢山話している分、仕事では日本語を使いたいです。

 

英語はプラスアルファのスキルでしかない

 

海外で生活して働いて思ったのが、英語は話せて当たり前。そして日本人の英語レベルが低すぎること。何よりも、私の人生の唯一の後悔は英文科へ行ったことです。

過去の自分にアドバイスできるのであれば、

興味のある経済学、心理学等を専攻して、英語は自分で学べばいい。

 

現地の人によく聞かれるのが、

 

短大で何を専攻したんだい?

ー英語だよ。

んで、英語で何を学んだんだい?

ー...。

 

こんな感じです。

 

しかしながら、私には大好きな言葉があります。80歳のおばあちゃんが言っていた。

 

私ねバイオリン弾けるようになりたいの。3年前に始めていれば今頃、弾けていただろうに

 

そう!私にとってのスキルは英語よりも、バリスタです。バリスタなんて将来消える仕事っていう人もいます。でも、そんな将来消えてしまう仕事できるって誇りでしかない!

 

そして、何か新しいことを学ぶことや、スキルを得ることに遅いなんてことは何歳になってもない。挑戦しないことの方がもったいないし、できないなら、きっとそれは自分に言い訳してるだけじゃないのかなって。隙間時間見つけてコツコツ何かをしていけば、それはいつか大きなかけがえのない財産になる。そして時間が無いなら1日10分でも30分でも作ればいい。

 

私は20代のうちは沢山のことを知って学んで経験して、失敗もして、また学んで、30代の自分に活かしていきたいです。

 

ではまた!

 

Instagram

 良かったらこちらも → @yukishudo

幸せ / 知って学ぶことを止めないで

f:id:yuki-shudo-8:20200817233522j:image

 

忘れたくないこと

 

こないだ中学からの親友と川で沢山語り合って改めて色んなことを考え合って素敵な時間を過ごしました。

 

その一つで、彼女が言った一言

幸せの基準 低くありたい

 

本当にそうだなぁと思いました。

新型コロナで生活が一変して、

あの時は散歩できること、

外に少し出て朝日を浴びれること、

友達に会えること、

それだけでものすごい幸せを感じていました。

 

 

オーストラリアにいた時、

3ヶ月農業をしていたのですが、

その時のことも、ふと思い出しました。

 

公共スペースにしかWi-Fiがなかったため、Wi-Fiが繋がった時の喜び、YouTube見れる喜び、仕事中、前の日に冷やしておいた半分氷の水を飲める喜び、気温40度近かったのですが、住んでたバッパーにエアコンがなかった為、仕事終わりはスーパーマーケットやKmartに行って涼みに行ったり。日が暮れたら、仲間と近くの川と公園で遊んだり散歩したり。

何よりも仕事終わりにみんなで食べる夜ご飯。

今私が食べてるどのご飯よりも美味しかったです。


f:id:yuki-shudo-8:20200818125200j:image

 

そんな小さな幸せたちを、

ずっと気づける人間でありたいなと。

失ってから気づくのではなく。

でも人間って難しくて上を上を、そして上という場所に行けば行くほど気づけなくなってしまう。

思い出せなくなってしまう。

なので、彼女が言ったように、

「幸せな基準」

常に低くありたいなと。 

 

努力をしないというわけではありません。

読書は嫌いですが得られるものが多いので、少しずつ読むようにしています。

どの国にいようが、英語の勉強も1日1時間は常にしています。

 

他人と比べるのではなくて、自分自身の中の最高を目指しながらも、自分自身の中の幸せを噛み締めていきたいなと。

 

 

新型コロナで気づいたこと

 

まずは、私はまだまだ知らないことばかりだなってことです。

そして、今まで関心のなかった日本政府や更なる世界情勢にどんどん興味を持ち自分から調べるようになりました。

自分から調べにいくってところが、たぶん、すごく大事で。

人から聞いてもきっと頭に残らない。

人から聞いて、更に自分なりに調べてみる。

そして考えてみる。

この過程がすごく大事だなって思いました。

 

10年前は多くの人が鼻で笑っていた中国政府。当時私はまだ中学生。なので、当時の中国のイメージって日本のマネをする国。

 

ですが今は日本が立ち向かえない国、おそらく唯一、中国の暴走を止められるのはアメリカ、そしてトランプさんあってのアメリカだと私は感じています。過去の発言で反感を買ってはいますが、今まで、あれほど中国政府に立ち向かう、そして行動力バリバリの大統領はいたでしょうか? 

 

私は中国人の友達が何人もいますし、

中国が嫌いというわけではありません。

でも、中国政府は大嫌いです。

新型コロナを良いことに、他国と様々な契約を水面下で結び、権力を伸ばし続けています。

恐ろしいです。

 

こないだアメリカ人の友達に普通に、

日本は中国になるよね と言われました。

反論できない自分… 悔しいです。

 

自分に何ができるのか…

こうやってブログで発信すること、これからも自分から情報を取得し、それが正しいのか正しくないのか、きちんと考えてみること、

そして、私は幸せなことに、それらについて語り合える親友がいます。意見を交わすことで、更に知ることができ、学ぶことができます。

 

 

新型コロナで一変した生活。

でも、人間には適応能力がありますので、ワクチンが届く来年の6月まで、このライフスタイルは続くでしょうし、私自身は遠距離恋愛が辛いですが、皆さん頑張りましょう!

 

私的にはロシアでは10月に始まる新型コロナのワクチン摂取、他国は安全面が…と言ってますが、せめてこんな時くらいトップ同士、協力しあってそのワクチンを確かなものにすればいいのになぁと思います。 

 

ですが、結局どの国も我々市民の心が見えてなくて、世界のトップになりたいんですね…

 

インドではお医者さんが200人も亡くなってしまったり、もちろん感染者も爆増しています。

オーストラリアもまたロックダウン中。

スペインも規制がまた厳しくなってきました。

ブラジルにいる友達には日本は良くなってきて旅行もできて羨ましいわと言われました。

ロンドンにいる彼からはいつもイギリスの情報を聞くことができますが、日本とは全然違います。

 

世界各国、本当に日本と状況が全く違います。

ニュースの報道とも全く違います。

 

私は日本もそうですが、関係ないからとかじゃなくって、世界の状況も見ながら、世界中の友達から情報収集しながら、知って学ぶこと、そして自分にできることを考えていきたいです。

 

まずは、ブログを発信して少しでも多くの人に読んでもらえればなぁと思います。

 

 

 

最後に、日本船が座礁して他国に迷惑をかけています。天国のような海があるモーリシャス島の海が重油によって汚染され、現地の人たちは手作業で毎日毎日、重油を取り除く作業をしています。しかし、日本船が最近、更に二つに割れてしまい、残っていた重油がほとんど出てしまいました。

この日本船、Wi-Fiを繋ぎたかったから…

そんな理由で島に近づきました。

日本は何故かこのニュース全然報道しません。乗組員が日本が雇った外国人だから〜とか、乗組員に日本人がいたら結果は違っただろう〜とか…嫌々そういうことじゃ無いと思います。

まさに責任転嫁…

 

興味のある方はまず自分で調べて、自分にできることを考えてみて欲しいです。現地の人は、特に女性たち。長い伸ばした素敵な髪の毛を切ってまで、重油の取り除き作業を行なっています。何故なら髪の毛は油をよく吸うからです。

あなたにそれができますか?

せめて今、私達にできることは、

おそらく募金です。

リンクを貼っておきます。

 

IGTVも見てみてください。

https://www.instagram.com/tv/CD1L4D2h5yq/?igshid=1itwe6khd90x5

 

募金できるサイト

https://www.crowdfund.mu/mauritius-oil-spill-cleaning-2020-mv-wakashio-306.html

 

370 MUR がだいたい日本円で1,000円くらいです。

 

 

f:id:yuki-shudo-8:20200818230050j:image

ではまた!

 

Instagram

 良かったらこちらも → @yukishudo

何があなたを動かす?

f:id:yuki-shudo-8:20200723191847j:image

最近素敵な本に出会いました。ところで、私は話し出すと、ニュージーランドで日本語を封印していたせいか、最近知らない人に日本語上手ですねと褒められます。

屈辱です…。

途端に心の中、雨、雷、嵐、タイフーン。(笑)

 

思ったんです。私は屈辱的で済むかもしれない。でも、私に将来、子供ができた時。

彼女、彼らがバイリンガルになったとしても、私の今の不思議なアクセントの日本語が移ってしまったら…中途半端になってしまって、誰かにいじめられてしまうかもしれない。

彼らは屈辱的で済まないかもしれない。

 

そして私は来年からカナダへまた行きます。

おそらく日本語を封印して英語オンリーになるでしょう。

なので、新型コロナで動けないこの時間、

綺麗な日本語を学んでいきたいなと。

 

私が英語を勉強する理由

 

私はもともと英語のサウンドが好きです。聞いてるだけで心が落ち着く。音楽みたいなもの。

でもそれ以上に話すことも大好きです。

そして、英語を話せることによって、得られる情報が何倍にも増えます。英語のYouTubeも見れる、ニュースや記事も見れる、何よりも海外の人たちとの会話で得られる新鮮な考え方、ユーモア、それらは毎日、圧倒的に私にとっての宝です。

 

そして何よりも好きな人達、愛する人達の言いたいこと伝えたいことを理解したいから。細部まで。私の気持ちも伝えたいから、細部まで。

 

素敵な本に出会った

 

好きなことだけで生きる / フランス人の幸せはいつもシンプルで美しい

 

一部紹介させてください。

 

「今年のテーマは蝶々です。

蝶々はいつも自由で軽やかで臨機応変です。

つまり、いつでも軽やかに対応できる準備ができているという感じ。

例えば、明日、旅に出る。どこか違うところに移り住む。仕事の予定を変えてでも大切な人に会いに行く。

突拍子もないことをするというのではなく、突発的なことに対応する力をつけたい。どんなことがあっても動じない。変化を受け入れる柔軟性を身につけること。幸せになるための強いしなやかさを持つことね。

でも、今の日本では、好きなことをするのに、少しの勇気と強さと覚悟が必要ね。」

 

これはほんの冒頭です。ですが、本当にそうだよなぁと、思います。そして何よりも、フッ軽とはまた違う。後悔しないために、自分に都合の言い訳作り上げて行動するのかしないのか。

このような本を読んでも人生の中に今この瞬間から取り入れる人は10人中何人いるでしょうか?

 

海外で働き生活してきたからこそ、日本の良い部分、悪い部分、色々見えてきます。しかしながら、海外生活したものにしか感じられない部分も沢山あると私は思っていて、日本と他の国(ニュージーランド、オーストラリア)どちらに住みたい?と聞かれたら私は即答で、他の国です。

日本が嫌いとか、そんな単純なことではなくて、私にはそっちの方が生きやすくて、居心地が良くて、目標を立てやすくて、友達に対しても自分の意見をしっかり主張する文化があって、人の温かみを感じやすくて。

もちろん、悪いところだって沢山あります。差別も沢山うけました。歩いていたら知らない人に、国に帰れと罵倒されたことも数回あります。アジア人を見下している白人も沢山います。話しててわかるんです。あゝ見下されてるなって。英語だってネイティブじゃない。わからないことだらけ。仕事でも幼稚園児でもわかる単語がわからなかったりする。

でもそれ以上に生活してて、生きてて、幸せで楽しくてしょうがないんです。

 

 

素敵な本に出会えたので読み進めて行こうと思います。本読むの大嫌いですが。(笑)

 

Instagram

 良かったらこちらも → @yukishudo

立ちはだかる壁 フワッと乗り越えるゼ

f:id:yuki-shudo-8:20200701085412j:image

 

新型コロナぁ…

 

友人に聞いたところ、オーストラリア、メルボルンの複数の地区ではまたロックダウンが始まったそうです。

 

もちろんという感じですが、

イギリスの今年の1回目のワーホリ (ワーキングホリデービザ) の抽選は中止に…

 

ワーキングホリデービザとは…

 

1つの国に対して1度だけ申請して使えるビザで、普通の観光ビザでは、働くことはできませんが、ワーキングホリデービザだと、就労して、お金を得たり、学校に通うこともできます。1年間という期限がありますが、1年間現地で生活できる最高のビザです。年齢制限があり、オーストラリア以外は30歳までです。オーストラリアは35歳まで。また、日本と提携している国のみにいけるので、みんなの夢の国アメリカには、ワーキングホリデービザでは行けません。英語圏では、主に、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、ヨーロッパ圏では、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、アジア圏では、韓国など。

 

話は戻りまして、

ヨーロッパの他の国々も続々と一時的に申請中止になっていきそうな予感です。

 

当初は来年からスウェーデンへ行く予定でしたが、全てを考え、今は家探しも仕事探しも慣れている英語圏へ先に行く方が、自分的にも良いと考えた為、来年の夏もしくは秋に、カナダへ行こうと思います。

 

しかしながら、カナダのワーキングホリデービザは、オーストラリアやニュージーランドのように数時間で簡単に取れるものではなく、

 

抽選式。

 

また、私はオーストラリア、ヴィクトリア州のメルボルンに住んでいた為、追加で申請書類が必要で、友達に聞いた限りこれまた色々、大変みたいです。

 

そして、指紋を登録するためだけに東京へ行くという道民にとっては痛い謎の出費…

 

さらに、カナダは日本の保険に加入していることが条件な為、

今まで、現地の格安保険に加入していた私にとっては、

(ちなみにですが、日本の保険は最低でも25万円、現地ならば6万円そして日本の保険と同じ対応受けれる…)

なので、

カナダのワーキングホリデービザ取得って厳しい!

といったイメージですねぇ

 

でも来年行ってみせる!負けない 😤✨

 

ワーキングホリデービザを申請をするところから、ワーホリ。

と私は考えているので、

今回もエージェントに頼らず (エージェントも結構ぼったくってくる) 自分の力で、

ワーホリビザを勝ち取り、カナダへ渡航し、

家を見つけ、バリスタの仕事を見つけ、

楽しくやっていきたいなぁと思います。

 

 

2020年は準備期間に徹します 🥳✌️

 

 

f:id:yuki-shudo-8:20200701091129j:image

 

 

ではまた!

 

Instagram

 良かったらこちらも → @yukishudo