ワーキングホリデーの記録

北海道 苫小牧出身の首藤 有貴(しゅどう ゆうき)です。旅行だけでは、あまりわからない、現地で働き生活したからこそわかる、より深い文化を知りたく、短大を2年目後期で休学しオーストラリアへワーキングホリデービザで渡航しました。短大卒業後も、セカンドワーキングホリデービザでメルボルンへ。今は4月よりニュージーランドのウェリントンにいます。

野生アシカ!

f:id:yuki-shudo-8:20190916164411j:image

 

海で普通にアシカに会える

 

ウェリントンの街中から車で20分くらいのところから、歩いて Red Rocks というところに行ってきました!

私はアシカを見たことがおそらく無かったのですが、ニュージーランドで野生のアシカを見ることができました。

普通に岩の上にウジャウジャ沢山います!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190916164841j:image

 

自然の中を歩くのはやっぱりいいですね〜


f:id:yuki-shudo-8:20190916164828j:image

 

映画の中にいるみたい!と言ったら、友達に、うん、映画で使われた場所だからね と言われ、あゝ となりました。さすがロードオブザリングとホビットの場所、ニュージーランドそしてウェリントン!


f:id:yuki-shudo-8:20190916164833j:image

 

ところどころ岩が赤いので Red Rocks!


f:id:yuki-shudo-8:20190916164850j:image

 

スラスラと岩の上に登れちゃう感じ最高です

アシカも肉眼でみるとウジャウジャいるのですが、岩と同化しすぎて、写真だと分かりづらいです。


f:id:yuki-shudo-8:20190916164854j:image

 

友達が粋にマカロンとフレンチアールグレイ(アールグレイにも色々あると知る)をバッグからゴソゴソ出してきて、海、アシカ、大自然の中、最高の時間を過ごしました!

 

プチ情報ですが、食べ物の話になり、コロッケは友達いわく、日本の食べ物じゃないそうです。なぬ!

私は、いやいやコロッケは醤油で食べるんだから日本食に決まっている!と言い張りましたが、本来はたしかオランダだったかな?友達はオランダとニュージーランドのハーフなのでたぶんオランダです!まぁとにかく元はヨーロッパの食べ物らしいです。

 

今日のカフェ

 

The Botanist

 

📍219 Onepu Road

Lyall Bay

Wellington 6022

New Zealand

 

f:id:yuki-shudo-8:20190916165925j:image

 

ここはコーヒーももちろん美味しいのですが、食べ物がベジタリアンそしてヴィーガン!私は特にベジタリアンでもヴィーガンでもないのですが、そういう人たちのことをしっかりと理解することは大切だなぁ〜と様々な人種が生活している英国圏にいて思います。

 

私のパンケーキの上に、ベーコンがのっているのですが、これはリアルベーコンではなく、フェイコン(フェイクのベーコン)で、食べた感じはまさにベーコン!なのですが、フルーツでできたものです。

日本はあまりベジタリアンやヴィーガン専門店そして、ベジタリアン、ヴィーガンフードを探すのがまだまだ難しいと思います。ですが英語圏ではどこにでもあり、当たり前になってきています。ベジタリアンと聞くとヘルシーに聞こえますが、意外とそうでもないんですね。何故ならベジタリアンでもコーラは飲む!マックのポテトは食べる!お酒は飲む!

さてさて、また、こっちの友達が日本へ行くことで心配する要因の1つにもなっていて、「私はヴィーガンなんだけど、日本でレストランやご飯屋さんに行ける?食べれるものちゃんとある?」とよく聞かれます。ヴィーガンや、グルテンフリーフード、これらはまだ日本では当たり前ではないと思うので次回、詳しく説明しようと思います!

 

ではまた!

 

Instagram

 フォローしてね  →  @yukishudo

パーマストンノースに行ってきた

f:id:yuki-shudo-8:20190908070747j:image

 

Palmerston North

 

パーマストンノースは私の住んでいるウェリントンからバスで2時間のところにある市です。

お花のイメージが強く綺麗でアートが沢山あり、街中をぶらりと歩くだけでも、とても楽しい場所でした。

 

Massey University (マッセイ大学)で知られている場所でもあります。

 

有名スポットにいくつか行ってきたので

紹介します!!!

 

The Square

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908071344j:image

 

大きな時計がそびえ立つ、その名の通り四角い公園です。アートがここにも散りばめられていて、想像が膨らみます。


f:id:yuki-shudo-8:20190908071349j:image

 

可愛らしい池もありました。映画に出てきそうな感じです。こうゆう橋を渡るの、ワクワクしますよね!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908122848j:image

 

自転車置き場までもアート!

 

 

Victoria Esplanade Gardens

 

ビクトリア・エスプラネード・ガーデンズと覚えられないくらい長い名前の植物園です。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908071927j:image

 

あと1ヶ月くらいすると、桜並木も見れるみたいです。桜は世界中で楽しまれています。


f:id:yuki-shudo-8:20190908071934j:image

 

ここは、映画ジュラシックパークの雰囲気を醸し出していて、ちょっとダークな感じが楽しかったです。

恐竜でてきそう!出てきてほしい!


f:id:yuki-shudo-8:20190908071930j:image

 

ここにも池がありました。私は何よりも川が好きなのですが、ここはアマゾン川か?と言うくらい大きな川がありました。圧倒されて写真を撮り忘れましたので、パーマストンノースへ行った際は川も楽しんでください。

 

 

Te Manawa

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908122942j:image

 

美術館です。

いろんな絵が飾ってありと素敵な場所でした。

椅子にくつろぎながら、流れる映像をぼーっとみたり、絵をぼーっと見たり。

 

 

街中もお洒落

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908072436j:image

 

ニュージーランド自体がイギリスの影響でほとんどがヨーロッパ調の建物なので、どこを歩いていてもワクワクします。

アートと建物の風合いがたまらないですね。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908111242j:image

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908123111j:image

 

 

アートと言えば!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190908074021j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190908074015j:image

 

ウェリントンの街中に突如ヘリコプターで現れた通称ハンズマン。

現れ方がセレブ〜

 

ニュージーランドのアーティストが作ったらしいのですが、これぞアートと言いたい!

 

友達は気持ち悪いと言ってますが、私はこのハンズマンが大好きです。

何にも動じなさそうな立ち方、そしてよく見るとイケメンな顔。さらに、遥か遠くを見つめるこの目。

ひたすらにかっこいい〜

 

街中の美術館の上に普通にそびえ立っているので、

ウェリントンに来た際は是非ご覧ください。

 

では、また!

 

Instagram

 フォローしてね  →  @yukishudo

フィルムカメラ in Wellington

f:id:yuki-shudo-8:20190821164634j:image

 

フィルムカメラ

 

写ルンですも良いですけど、フィルムカメラもたまらない!しかも何回でも使えるという喜びに加え、写ルンですよりも、高機能!アジャストはもちろんのこと、撮影場所によって普通のカメラのように色々変更できます。

私はオリンパスのmju-ⅲ150を使っています。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190821165531j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190821165523j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190821165528j:image

 

ウェリントンのニュータウンにあるカメラ屋さんでフィルムを現像して、データ(画像)をメールで送ってもらいました。

美しいウェリントンをご覧ください。

 

フィルム 35mmです。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190821165046j:image

 

奥にあるHollywoodチックな看板すてき。


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165031j:image

 

海、山、シティ全てが揃ってます。


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165040j:image

 

ケーブルカー🚠に乗った先から。


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165000j:image

 

ボタニックガーデン!


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165018j:image

 

キューバストリート


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165012j:image

 

ヴィクトリ山からの夜景ぶれてる


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165008j:image

 

ディズニーランドのどこかのエリアを彷彿させますが、

ここはリアルな海とリアルな岩とリアルな物たち。


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165015j:image

 

家の近くの木


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165037j:image

 

どこかの海


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165034j:image

 

ここは絶景!


 


f:id:yuki-shudo-8:20190821165027j:image

 

夕日は世界共通の美しさ


 

 

ではまた!

 

Instagram

 フォローしてね  →  @yukishudo

海外生活は高くない むしろ貯めれる

f:id:yuki-shudo-8:20190816165649j:image

 

給料

 

海外生活は高そう…そんなイメージありませんか?

実際に旅行で行くと高く感じるかもしれません。しかし、1ドル100円と頭の中で換算していませんか?

ここはニュージーランドなので、

実質、1ドル75円です。

 

そして、現地で働いてしまえば、

日本よりお金を貯めれると思います。

そもそも物価は日本と同じか

日本より安い物も沢山あります。

 

その上、

最低賃金はおよそ日本の1.5倍。

 

私はカフェでゆるゆる働いていますが、

月の給料は20万円は超えます。

ニュージーランドは制度が整っており、

休憩時間も時給が発生する!

 

かつ、休日は 時給2倍

日本もこれ導入しようよ〜

 

さてさて、私は

最近はもう服も買わなければ (学生の頃に買った服がありすぎる)、

お酒も好んで飲むタイプではないし、

タバコも吸いません。

 

移動手段もバスか徒歩か走るなので、

その辺もお金はそこまでかかりません。

(海外にいると歩くことやバスさえ楽しい)

 

家はシェアハウスになりますが、(わたしの世代では現地の人も一人暮らしは中々できません。)

それも1つの素晴らしい経験になります。

 

その上、ラッキーなことに私のカフェでは、

コーヒー作って飲み放題、

ランチはカフェの食べ物を食べ放題なので、

ランチ代もゼロ〜!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190816171038j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190816171031j:image

 

f:id:yuki-shudo-8:20190827052438j:image

 

このまま1年働いたら結構貯めて帰れると思います。

 

なのでみんな若いうちの特権であり、

家庭がまだなければ自由に動けるのだから、

色んなことに挑戦しよう!

 

ワーキングホリデービザでの海外渡航や

海外就労に興味があり、

見積もりやアドバイス、相談等ありましたら、

気軽にメールしてくださいなぁ〜

この記事の最後にインスタのアカウントも載せています!

 

Gmail ⇨ yuki.shudo.8@gmail.com

 

美容室に行ってきた

 

海外で初めて、日本人ではなく、

現地の方に髪を切ってもらいました。

 

髪の毛となると昔は不安が少々あり、

オーストラリアでもニュージーランドでも

日本の方に切ってもらっていました。

しかし、

私は今では気分で自分で髪を切ったりするくらいなので、今回は何の不安もなく!

 

そして良い感じに切ってもらいました〜

 

f:id:yuki-shudo-8:20190816170908j:image

 

家の近くの美容室

 

お気に入り

 

お気に入りのドリンクを紹介させてください。

まずは、

 

OVI

 

f:id:yuki-shudo-8:20190816171348j:image

 

これはデトックスジュースみたいな感じ

他にも色々な味があります。

 

ホットチョコレート


f:id:yuki-shudo-8:20190816171355j:image

 

もう最高に美味しい!

ティースプーン2杯くらいとって、お湯と混ぜ、

マシュマロを入れたならば至福のひととき。

 

 

今日のカフェ

 

People 

 

f:id:yuki-shudo-8:20190817073337j:image

 

📍 12 Constable Street
      Newtown
      Wellington 6021
      New Zealand

 

f:id:yuki-shudo-8:20190817082256j:image

 

お決まりのソイラテを!

 

ではまた!

 

 

Instagram

 フォローしてね  →  @yukishudo

 


 

#ウェリントン #ワーキングホリデー

#ワーホリ #Wellington

 

ウェスタンの働き方最高

f:id:yuki-shudo-8:20190814092335j:image

 

働き環境 最高!

 

私はオーストリアでカフェでバリスタとして働き、

今はニュージーランドでまたバリスタとして働いています。

 

メルボルンで1ヶ月バリスタの学校に通っていたのでそちらの記事もご覧ください。

 

www.yukishudo8.com

 

ニュージーランドでもオーストリアでも、

コンビニからレストラン、スーパー、カフェ、航空会社、ホテル、バスの運転手など

私が生活の中で使うところで働いている人たちを見る限り、

 

どこも共通している日本とは違う良いところ

 

それは、

 

忙しぶる必要はない
自分からわざわざ仕事を見つけてまで働く必要はない
自分の仕事が終わったらあとは自由時間

 

です。

 

日本で働いて思ったのが

 

忙しくしてないとダメ感。

自分の仕事が終わっても、やることが無くても、自分で何か見つけて忙しぶる感。

無駄なエネルギーを使う感。

 

これがウェスタンのワーキングスタイルには中々ありません。

たぶんこれが普通であるべきなのですが。

 

なので、自分のやることが終わったら、あとは仕事仲間とたわいの無い会話をしたり...

そんな感じなのです。

 

これだけ読むと緩そうに聞こえますが、

決してそうでもないのです。

 

働くときは誰よりも働きます。

サービスもいかにフレンドリーに接し、

良いコミュニケーションを取るか。

そこが重要です。 

 

フレンドリーといっても、

プロフェッショナルなフレンドリーです。

 

初めてあった人には握手をして目をしっかり見て、会話をする。

それがこちらで言うフレンドリーです。

 

自己主張があり、自分の意見を堂々と言え、かつ自信があるかどうかも、とても大事です。

 

日本では職場で自分の意見を言える環境があるところは、少ないかと思います。

 

しかしながら、こちらでは、自己主張、それができないと逆にやる気があるのだろうか?と捉えられてしまいます。

 

学校ではあんなに、手を上げて自分の意見を言うことを教わるのに社会に出ると意見を言える環境がほとんどありません。何故…?

 

ウェスタンの環境で数年働くと、どうしても、これに慣れてしまい、意見の言えない日本では働きづらくなり、

さらに、それを通り越して何故日本はこんな感じなんだ?となり、

一度海外で働いてその文化を知ってしまうと、慣れてしまうと、

こうゆう何故?のサイクルから抜け出せくなり、

 

私のようにまたワーホリへと旅立つのです。

 


 

でも、日本で学んだ礼儀正しい接客スタイルをほんのちょっとだけ、こちらで良い感じに使うと、素晴らしいと褒められます。

何かトラブルがあったときに、

例えば間違ったコーヒーを提供してしまったときなど、謝りながらお辞儀をすると、

これは無敵です。

絶対に許してくれます。

 

 

次なる目標やらなにやら

 

日本だと、私はもう人の下で働きたくないので、30歳までワーホリで様々な国で経験を積み、自分のスキルと今なら言える英語とバリスタを活かして、

 

留学エージェント兼ランゲージ交換もできるカフェ

 

を立ち上げるのが今の目標です。

そして、メルボルン、ニュージーランドの本格的なコーヒーも広めたいです。

 

ありがたいことに、オースラリアのカフェでは、お店のストック確認、毎週の商品や牛乳、ドリンク、コーヒー豆を計算して発注、発注の電話、1日の収入計算など全て行なっていたのと、

一時期エージェントとして働くために模索していた時期があるので、過去の経験がこうやって活かせそうなのは嬉しいです。

結局全て繋がっているんだな〜

 

庭でメロンも育てようかな(笑)ファームネタ

そして今の課題は中国語…

 

ニュージーランドにいる間は、

英語はもちろんのこと、カフェで経験を積み、

ラテアートに磨きをかけていこうと思います。

 

 

今日のカフェ

 

MOJO

有名なためどこにでもあるカフェです。

コーヒー豆ブランドも出しているくらいの素晴らしさ!

 

ちなみに私のカフェでは SUPREME というコーヒー豆を使っています。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190814092004j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190814091958j:image

 

Iced Chocolate を!

ホットチョコレートやモカ、アイスチョコレートにはマシュマロがくっついてきます。

しかもこちらのマシュマロは何故か日本のものよりも遥かに美味しい!

 


 

余談ですが、

ほとんどのカフェでストローが廃止され紙タイプのものに変わったのですが、こうゆう飲み物でちまちまゆっくり飲みたいタイプの人間からすると切ないです。

だんだんふやけていき飲む気力が無くなっていきます。

一部の人間よ、何故ごみをその辺に捨てる?

みんな持ち帰ってきちんと家で捨てているのだよ?

私的には日本のコンビニの袋を廃止するのが一番かと思います。

オーストラリアやニュージーランドではもう廃止され、みんなエコバッグ持ち歩いています。エコバック持ってなさそうなYoYoって感じの人もです。

だから日本人もできるはず!!!

 

 

ではまた!

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

仕事が見つかった in ウェリントン

f:id:yuki-shudo-8:20190809181218j:image

 

バリスタ

 

ウェリントンに移動して1ヶ月。

念願のカフェでの仕事をゲットしました!

やっとまたバリスタとしてコーヒーを作れる毎日に戻れました

今回はラテアートも極めていつかは、

スターウォーズのラテアートを

ちょちょいとできるようになるのが密かな夢です。(R2D2)

 

今思えば、なんやかんや

意を決してウェリントンに移動して良かったです。

 

そして

カフェの街ウェリントンなだけあって、

スタバは需要が無いのか都市に1つしかないという驚きと、

どこに行ってもお洒落なカフェがあるので、コーヒー好きにはたまらない都市だと思います。そしてコーヒーはレベルが高いだけでなく、日本の喫茶店やカフェよりも安いです。

ラテやカプチーノ等も!(400円以下)

また、ミルクは普通のミルクと、ライト(低脂肪かな?) ソイミルクやアーモンドミルクを使ったものも基本どこにでもあります。

これはありがたいですし、外国人が日本のカフェに行って何故ソイミルクが無いんだ!というのもよくわかります。

 

ニュージーランドにセブンはそもそも無いので、セブンの100円コーヒーがニュージーランドに進出したら大変なことになりそうですが…

 

毎回ブログの下に今日のカフェを紹介していますので、そっちも見てね!

 


 

ウェリントンはニュージーランドの首都ではありますが、人口は私の故郷である苫小牧と同じくらいです。

たしか…

 

こんなにも栄えているのに人の密集度がちょうど良く、のんびり暮らせるのがまた最高。

 

日本人も全然いないので、がっつり英語を学びたいけど、車が無いので、交通手段がありながら、シティーにも簡単に行けて、すぐに大自然にも触れられる場所を探している方にはぴったりだと思います。

 

しかしながら、日本人、

そもそもアジア人が少ないので、

他のメルボルンやオークランドのように、日本人コミュニティも中々無い為、英語があまり話せない中での初めてのワーホリだと、仕事を探すのが難しいかもしれないです。

ウェリントンの日本食レストランも日常英会話レベルの英語を求められます。

そして、日本食レストランも少ないです。

 

 

久しぶりのメルボルン

 

久々にメルボルンに旅行に行ってきました!

これまで、イギリスにてホームステイや香港でインターンシップをしたことはありましたが、

オーストラリアのメルボルンは、初めて私が1人で海外に渡り、生活し、働いた特別な場所です。

 

友達にも会えて素敵な2日間を過ごせました。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190809174839j:image

 

メルボルンの名物、フリンダース駅

 


 


f:id:yuki-shudo-8:20190809174836j:image

 

フリンダース駅の裏にあるヤラリバー

 


 


f:id:yuki-shudo-8:20190809174842j:image

 

トラムのサウンドがたまらない

メルボルン街の中心(CBD)は市電(トラム)乗り放題

 


 


f:id:yuki-shudo-8:20190809174845j:image

 

f:id:yuki-shudo-8:20190809183633j:image

 

毎週木曜日は、入場無料、10ドルで5ドリンクというあり得ない安さのスパイスマーケット (クラブ)

 


 

メルボルンは永遠に私にとって大事な場所ですが、大都市の街を歩いていて、今の自分にはワーホリで生活するならニュージーランドのウェリントンがあってるな〜と気づきました。

 

ではでは、

明日からカフェでの仕事頑張ります!

7時オープンのカフェで、片道バスと徒歩で1時間かかるので、まさかの毎朝4時半起き…

ファーム生活を思い出す…

 

 

今日のカフェ

 

Pestle and Mortar

 

f:id:yuki-shudo-8:20190811112013j:image

 

📍108 Darlington Road Miramar

     Wellington 6022

     New Zealand

 

男性1人で経営してると思われる小さなカフェ

イケメンのお兄さんが美味しいソイラテを

作ってくれました。


f:id:yuki-shudo-8:20190809175425j:image

 

ではまた

Instagram

Follow me → @yukishudo

日本にもウェアハウス作ろうよ

f:id:yuki-shudo-8:20190726163252j:image

 

The Warehouse

 

ウェアハウスという日本でいうドンキみたいな、かつ、お洒落でシンプルで安い、(ごちゃごちゃしてないのが良い) お店がニュージーランドにあって、やっと行ってきました!

 

ケーマートも大好きですが、

ウェアハウスも最高でした!

 

旅行先でも、ワーホリでの生活のスタートにも、何か欲しい時にでも、

とにかくここに行けば全て揃うかと思います。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190726163544j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190726163539j:image

 

食器なんてお洒落でシンプル、

そして日本の百均よりも安い!最高!


f:id:yuki-shudo-8:20190726163551j:image

 

ケーマートのような海外のこういったお店は何時間でもいられます。


f:id:yuki-shudo-8:20190726163547j:image

 

このピンクと白のクッションを買いました!

 

ニュージーランド自然

 

最近色々ドライブに行ってるのですが、

お洒落なシティでぶらぶらすることもできれば、

シティを出ればすぐに、

自然にたわむれることができるこの感じ良いです。

 

 

マカラビーチ

 

f:id:yuki-shudo-8:20190726164157j:image

 

シティから40分ほど車で駆け抜けると、

マカラビーチに辿り着きます。


f:id:yuki-shudo-8:20190726164201j:image

 

アドベンチャー感あふれる散歩道もあって、ニュージーランドは今は冬ですが、寒いこの時期にもおすすめのビーチです。

 

 

サンシャインベイ

 

f:id:yuki-shudo-8:20190726170622j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190726170625j:image

 

夕日がたまらない


f:id:yuki-shudo-8:20190726170628j:image

 

この辺りは海岸沿いをドライブしたり散歩するだけでも楽しく、車を降りて海をボーッと眺めるのも最高です。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190726170822j:image

 

地図でいうとこの辺です。


f:id:yuki-shudo-8:20190726170827j:image

 

ベイだらけ(笑)

 

 

ヴィクトリア山

 

ここは、以前夜景を見たのですが、昼間には行ったことが無かったため、再度行ってきました!

 

美しい海、山々と一緒にウェリントンのシティーを360度、一望できます。

 

ウェリントンに来た際は、ここは絶対に行くべきスポットですね!

 

山の上までバスも通っているので、車がなくても行きやすく、ウェリントンは便利だなぁ〜とつくづく感じます。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190726201012j:image

 

今日のカフェ

 

The Lader 

 

📍 133 Darlington Road
     Miramar
     Wellington 6022
     New Zealand

 

f:id:yuki-shudo-8:20190726171044j:image

 

お店の前でこちらを見ながらおじ様たちが会話をしていたので、微妙な角度の写真の外観しか撮れませんでしたが、家の近くにある Miramar の素敵なカフェです。


f:id:yuki-shudo-8:20190726171049j:image

 

テイクアウェイで美味しいソイラテを。

 

 

ではまた!

 

Instagram

Follow me → @yukishudo

ウェリントンシティー散策

f:id:yuki-shudo-8:20190722174754j:image

ニュージーランドの首都ウェリントンは散策する度に新しい発見が!

 

お洒落なレストラン

 

ニュージーランドの首都ウェリントンに引っ越してきてから2週間経ちました!

メルボルンで同じ語学学校に通っていて同じく北海道出身の方とご飯に行ってきました。

ウェリントンについて色々教えて頂き、これからの生活も楽しみです。

 

お洒落なカフェとレストランに連れてってくださいました!

カフェは一番下の「今日のカフェ」で詳しく紹介しています。

 

キューバストリートにあるイタリアンレストランに行ってきました。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722174949j:image

 

1154 Pastaria

📍132 Cuba Street
     Te Aro
     Wellington 6011
     New Zealand

 

メニューにある英語を必死に解読しようとしていたらイタリア語でした(笑)

友達はカルボナーラを私はたしかボロネーゼを食べました。

おいしかった~

 

店内もお洒落で、というかウェリントンはどこもお洒落なので内装に外れはないですが!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722175109j:image

 

次に、こちらは昼間はカフェで夜はレストランみたいです。

お友達曰く、毎週水曜日と木曜日このように、

ちょっとしたサービスミールがあるみたいです。

 

店内はお洒落なのはもちろんのこと落ち着いていて居座りたかったのですが、時間が早かった為今回は断念しました。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722175741j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190722175738j:image

 

Olive.

📍170 Cuba Street
     Te Aro
     Wellington 6011
     New Zealand

 

キューバストリートの信号かわいいので見てください!

こうゆうユーモア感いいですね〜

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722180109j:image

 

ニュージーランドお菓子紹介

 

キウィ(ニュージーランド)スナック紹介第2弾です。

 

Peanut Slab

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722180358j:image

 

ニュージーランドで有名なチョコみたいです。濃厚で文字通り中にピーナッツが入っており最高においしい!

 

Chocolate Fish


f:id:yuki-shudo-8:20190722180416j:image

 

魚の方をしたマシュマロにチョコがコーティングされています。これもおいしい!

キウィ(ニュージーランド)スラングとしても使われるお菓子で下の方でキウィイングリッシュ紹介しています。

 

Bagel Bites Marmite


f:id:yuki-shudo-8:20190722180354j:image

 

ベジマイト知ってますか?オーストラリアとニュージーランドで有名なパンとかにつけて食べる唯一と言っていいほどの伝統フード!

私はそんなベジマイトが大嫌いです。

味噌にアルコールを混ぜたような味がします。味噌の進化系的な(笑)いやだ!

それをパンに塗るなんて無理ぃと思っているのですが、このマーマイトは美味しい!

日本のお菓子のポテロングに何故か味が似ています。ポテロングが恋しくなったら是非ともこれを買ってください!

 

Jaffas


f:id:yuki-shudo-8:20190722180401j:image

 

M & M みたいな味のチョコです。

いたって普通の味ですが、癖が無いキウィスナックで、パッケージも可愛いのでお土産に良いかもしれないです。

 

エコだなぁ

 

 

たぶん日本がビニール袋廃止やら何やら色々遅いんだと思いますが、前にも紹介したように、こちらでは、ビニール袋は基本もらえないので、エコバッグです。なので家でゴミ捨てるように袋が必要!なんて時は、スーパーで売っているビニール袋を買いそれを利用します。

 

他にも街中で見たエコだなぁと思うものをご覧ください。

 

電気バス!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722181742j:image

 

バスに乗っていたら前のバスの後ろに、

このバスは電気バスですと書いていました。

かっこいい〜

 

バスのついでに…


f:id:yuki-shudo-8:20190722181745j:image

 

ウェリントンにはこのようにバス専用の一本道のトンネルがあります。なので、反対側からバスが来ている時は少し待つことになりますが、このトンネル、何度通ってもなんだかわくわくします。

どことなく千と千尋の神隠しを思い出します。

ちなみに私が1番好きなのはハウルの動く城です。

曲も好きですが何よりハウルがイケメンすぎます。

金髪もいいけど黒髪もいい!結婚したい!

 

電気自動車の充電


f:id:yuki-shudo-8:20190722181738j:image

 

これはびっくりしたのですが、街中に普通に電気自動車の充電機がありました。

なんとお手軽でありながら便利!

時代に対応しながら、新しいものを取り入れる素早さ、日本も見習ってほしいです。

何故だか日本人は日本は最先端なカントリー!と考えている人が少し多い気がします。

物事への考え方、時代への対応の仕方、働き方、色々ありますが、世界をもっと見て良いところは素直にどんどん取り入れてほしいです。

サマータイムとかそんなのは取り入れなくていいからぁ!(笑)

私が特に良いなぁと思うのが、祝日働くと給料が2倍になるというオーストラリアとニュージーランドの制度です。

これ、とても良くないですか?

ホテルなどで勤めていて、ゴールデンウィークなど、祝日も何もない!みたいな方達にとっては、働く気がわく最高のサービスですよね。

しかしながら、オーストラリア、ニュージーランドでは、みなさんプライベートを優先し大事にするので、この祝日時給2倍制度が上手く成り立っていってるのだと思います。

 

こんな風に、人間として大事なことはしっかり大事と気づき、見栄を張りすぎず生きていきたいです。

 

図書館

 

私図書館が大好きなのですが、今回はシティーに新しくできた図書館に行ってきました!

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722190745j:image

 

こちらなのですが、入った瞬間、体格のいい警備員の方がドドーン!っといて、さらに今日は何の御用で?みたいな感じで聞かれたので、ヒィ!となりました(笑)

 

ここの図書館は新しく、パソコンも最先端な感じがして使いやすいのですが、緊張感が漂いすぎていて、私のように図書館で勉強してり物思いにふけながら、ボーッとするのが好き!みたいな人には、あまりお勧めできません。

 

無料のパンフレットがあったのでもらってきました!

ウェリントンのイベント等について書いてあります。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722191551j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190722191554j:image

 

無料のパンフレットなのに可愛いすぎる。

 

続いて…


f:id:yuki-shudo-8:20190722190739j:image

 

こちらは、シティーライブラリーです。

 

かっこよすぎる!しかもカフェもあります。

残念ながら地震対策の点検中の為、図書館の中に入ることはできませんが、カフェはやっていました。

外観を見るだけでも楽しいので、お勧めスポットです。


f:id:yuki-shudo-8:20190722190742j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190722190754j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190722190759j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190722190750j:image

 

毎日行きたくなるような外観の図書館ですね!

 

ウェリントンは街並みがお洒落、ユニーク、可愛い、色々揃いすぎてて、何度歩いてもあきません。

 

素敵な街です。

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722191427j:image

 

 

今日のカフェ

 

f:id:yuki-shudo-8:20190722192117j:image

 

Midnight Espresso Wellington 

📍178 Cuba Street
     Te Aro
     Wellington 6011
     New Zealand

 

朝の8時から夜中の3時までオープンしているという強すぎるカフェです。

ニュージーランドやオーストラリアのカフェは基本、朝の7時にオープンし、夕方の3時には閉まります。

日本とは少し違いますね。

なので、仕事帰りに美味しいラテを飲みに行きたい!そんな時はここが1番です!


f:id:yuki-shudo-8:20190722192128j:image

 

イケイケなお兄さんがソイラテを作ってくれました。美味しかった〜


f:id:yuki-shudo-8:20190722192124j:image


f:id:yuki-shudo-8:20190722192121j:image

 

なによりも、こちらには、私の大好きなスターウォーズのピンボールが!可愛すぎる


f:id:yuki-shudo-8:20190722192113j:image

 

 

キウィイングリッシュ

 

Chur 

オッケーとかありがとうみたいな感じ

 

I’ll give you A chocolate fish

先程紹介した、チョコレートフィッシュからのスラングです。ありがとうより、もっとありがとうと伝えたい時。例えば誰かがあなたに良いことをしてくれた時とかに使います。実際にチョコはあげません(笑)

 

 

ではまた!

 

Instagram

Follow me → @yukishudo